2019年06月26日

『闇金ウシジマくん』で有名な真鍋昌平さんの最新短編集『アガペー』を読みました。

これがなかなか一筋縄でいかないというか、創作者として、また一人の日本人として考えさせられる作品群でした。


「アガペー」
agape-manabe (1)

アイドルオタク(ドルヲタ)を主人公にした一編。

あとがきによると、作者は一度もアイドルの熱狂的なファンになったことがなく、どういうものかという興味から描いたとか。取材の結果、「刹那的な面もあるが、否定的になれなかった」と。

ということは否定するつもりだったのだろうか、と一瞬思ったけれど、世間的には否定的に見る人が多いけど自分はそうじゃなかった、ということなんでしょう。

これってとても大事。

私はかつてある高名な脚本家から、ドルヲタじゃないけど、ある種の人たちを笑い飛ばす脚本のアイデアを話したところ「それだけはやってはいけない」と叱られました。

「自分の価値観でこれは否定したい、こっちは肯定したい。そういう人は『作家の目』で物事を見ていない」

ドルヲタにもドルヲタなりの言い分があるし、彼らなりの真実もある。

この「アガペー」はドルヲタを否定も肯定もしません。そして彼らの偶像であるアイドルの心情も正直に描かれます。その果てに、狂騒的ライブシーンになるわけですが、彼らの涙に感動したのはやはり、すべてのキャラクターを等間隔で突き放し、そのありのままの姿を正直に描いているからだと思います。

否定するということは「裁く」ということ。

「登場人物を裁いちゃいけないんだ」とは長谷川和彦監督の言葉。


「ショッピングモール」
これはつまらなかった。東北の田舎の現実を切り取ってはいるんでしょうが、ちょっと露悪趣味というか、「人間は最低なクズである」という人間観が好きになれませんでした。「アガペー」とは真逆の作品かと。


「おなじ風景」
2L

これが一番よかった。

主人公は、東日本大震災をきっかけに奥さんと子どもを連れて東京へ「逃げた」男。逃げたことを悔い、「裏切った」という罪悪感に縛られている男。そんな彼が母親の四十九日で娘と一緒に帰省した一日が描かれます。

前の職場には仙台に住んでいた人がいました。子どものために伝手を頼って神戸へ逃れてきたと。その人は「逃げた」んでしょうか? 逃亡じゃなくて「避難」しただけだと思うけれど、実際に被災しながら町を捨てず、町を守ろうとしている人たちがいる。主人公はそういう人たちに対して後ろ暗い気持ちが絶えない。東京での仕事がうまくいかない。でも出戻ると「あいつは一度裏切った」と後ろ指さされるから何とか東京で頑張らなきゃ、と必死になっている。でも、おそらくそのストレスで奥さんと喧嘩が絶えず、「離婚するかもしれない」というところまで追いつめられている。

かつての友人は重金属を除染するのを専門にしている会社で働いていて、国から金さえ出れば土から放射性物質を取り除く機械を開発できる、と言っている。「変わらないといけない。自分たちの手で守りたいんだ」と言う彼に対しても主人公は後ろ暗い気持ちを隠せない。「みんな町を守ろうとしているのに、俺は自分の家族すら守れていない」と。

残って町を守るか、子どものために町を捨てるか。

どちらが正しいわけでもない。この「おなじ風景」で大事なのは、主人公の父親が養鶏場をやっていて、ちゃんと育たないヒヨコを間引いている、という描写でしょう。間引かなければ、殺さなければ利益が出ない。利益が出なければ自分が生きていけない。命を殺すのは悪いこと。でも悪いことをしなければ生きていけないなら、それはしょうがない。 

子どものために町を捨てたのも尊重すべきひとつの判断。

「正解はわからない。自分の選んだ道が正解と思え」

と息子を励ます言葉が胸に突き刺さりました。


「東京の女(コ)」
木村伊兵衛賞を獲るのが夢というカメラマンの卵の女性の周りで起こる喜怒哀楽を描く。

んですが、その悲喜こもごもの描写は素敵ではあるものの、バイト先のスナックにえりという名の女性がいて、彼女が解体業の社長に娘と息子を預けているエピソードが好きになれなかった。

ポイント制の契約で、遅くまで面倒を見たら50ポイントで、1000ポイント貯まったら沖縄旅行につきあう、と。

その設定自体はいいんですが、ある日の朝方、その社長の家に子どもを迎えに行ったら性的暴行を加えられて血まみれだった、というのが面白くなかったです。

「悪」を出すんじゃなくて、「アガペー」のドルヲタみたいに善でも悪でもない存在を描いてほしかった。暴力をふるったり殺したり、そういう悪人を出すと簡単に話が作れますから。簡単なだけに深みに欠けると思います。

だからやっぱり一人も悪人が出てこない「おなじ風景」が好きなんでしょうね。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字