2019年06月24日

サミュエル・フラー監督の1963年作品『ショック集団』を約25年ぶりに再見しました。初見時はそれほど面白いと思わなかったんですが、今回は異常なまでに面白く、若かりし頃の不明を恥じたくなるほどでした。

とはいえ、この映画は何とも奇妙なんですね。脚本構成がものすごく変というか、いや変だからダメだというんじゃなくて変だからこそ傑作になったと思うのです。(以下ネタバレあります)


ShockCorridor32

「新聞記者のジョニー・バレットは殺人事件の謎を解くために恋人キャシーの反対を押し切って統合失調症を装い、事件のあった精神病院に潜入する。そこで目撃者たちの証言を聞くうちに、彼自身が本当に狂ってしまう」

これが物語のあらましですが、これは「あらすじ」ですね。「プロット」ではない。プロットというのは「運び」のことで、観客が知る情報を順に出していかねばならない。


脚本にひそむ大いなる矛盾
上記のあらすじがプロットと決定的に違うのは「ジョニー・バレットは殺人事件の謎を解くために」というところです。彼がなぜ精神病院に潜入するのか、素晴らしい記事を書いてピューリッツァ―賞を受賞するためと語られますが、「何を調べるのか」については伏せられています。詳細を忘れていた私は「精神病院の内情を告発する記事を書くつもりなのかな?」と思ったほど。

実際に入院してから「殺人事件があった」「スローンという人間が殺された」「目撃者がいる」という情報が小出しにされます。しかし、スローンという人間が患者なのか、看護人なのか、医者なのか、はっきり説明されません。最後に患者だとわかりますが、それまではどういう人が殺されたのかわからない。いつ(朝か昼か夜か)どこで(病室か治療室かトイレか廊下か)殺されたのかについては最後まで何の説明もありません。


ShockCorridor4
(このショットの独特の触感!)

最終的に、新聞記者をペテン師だと言って目の敵にしているロイドという看護人ではなく、いつも柔和な笑顔で人畜無害な印象を与えるウィルクスという看護人が犯人であることが判明します。「ウィルクスが殺した。あいつは知能障害の女を慰み者にしていた」という証言を得て、主人公はウィルクスに暴行し、白状させます。

これ、すごく変ですよね? 
だって、主人公自身がウィルクスが犯人と聞いたあとに記憶をなくし、「俺が犯人だ」「いや院長だ」「いやキャシーだ」と言ってわけがわからなくなる。だから「ウィルクスが犯人だ」という証言だってまったくの妄想かもしれないわけです。なのに主人公はそれを100%信じて自白を得る。


ShockCorridor1

この映画は主人公が狂っていく過程を丁寧に追っていきます。中には黒人なのに白人至上主義者だと言って他の黒人にリンチを加える患者もいる。患者の言うことは信用ならないというのを基調にしながら、こと殺人事件の証言だけは100%真実であるという立場を取っています。

もう一度言いますが、だからダメな映画だと言いたいわけではありません。このような矛盾した立場を採用した結果、『ショック集団』という映画は傑作サスペンスになったと考えます。

では、なぜサミュエル・フラーはこのような変な考え方で脚本を書いたのでしょうか?


メインプロットのネタバレ
ShockCorridor32

もう一度、上記のあらすじを記しましょう。

「新聞記者のジョニー・バレットは殺人事件の謎を解くために恋人キャシーの反対を押し切って統合失調症を装い、事件のあった精神病院に潜入する。そこで目撃者たちの証言を聞くうちに、彼自身が本当に狂ってしまう」

殺人事件の真相はサブプロットであり、あくまでもメインプロットは「狂人のふりをした主人公が本当に狂ってしまう」という、典型的な「ミイラ取りがミイラになる」物語です。

恋人のキャシーは、最初からこの計画に反対します。彼がほんとに狂ったらどうするのかと。

つまり、メインプロットのオチは最初からばらされているわけですね。「最終的に主人公はほんとに狂っちゃうんですよ。この映画はミイラ取りがミイラになるお話ですよ」とファーストシーンでばらしている。

だから、メインプロットの興味は結末ではなく、過程にこそあります。その過程には何があるかと言えば、「犯人は誰か」というサブプロットです。

メインプロットのオチはばらしているからサブプロットの謎で引っ張ろうという計算なわけですね。

ただ、メインプロットの過程、つまり「どのように狂っていくか」というのをみっちり描写するためには、他の患者たちの狂っている様を入念に描かなくてはいけない。サブプロットも大事ですが、メインプロットの過程そのものを入念に描くことのほうがよっぽど大事。犯人捜しを入念にやるとメインプロットがメインプロットでなくなってしまうという危惧があったのでしょう。

だからサミュエル・フラーは「もしかすると患者の証言は妄想かもしれない」「だから裏付けを取らなければ」「でもその裏付けも妄想だったら……?」という「世界の原理」が入ってくると、映画全体が煩雑でわかりにくくなってしまうと考えたのだと思います。

「患者は嘘ばかり言っている。でも事件に関する証言だけは真実である」という「映画の原理」を採用した。この決断はすごいと思います。だって完全に矛盾してますから。でも矛盾していていいんだ、矛盾を解消しようとすれば冗長な映画になってしまうから。

この勇気ある決断のおかげで、精神病院の内実や、患者たちの生活が詳細に描写され、そんなところにいたら正常な人間も狂ってしまうというメインプロットに説得力が与えられます。一方でサブプロットの殺人事件の謎はいとも簡単に解決され、100分というちょうどいい上映時間で幕を閉じることができたわけです。

こういう「映画の原理」を勇気をもって採用できるからこそサミュエル・フラーは「B級映画の巨匠」と呼ばれるんだな、と認識を新たにした次第です。


ショック集団(字幕版)
ピーター・ブレック
2017-09-06









  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字