2019年06月10日

おとといのETV特集『性犯罪をやめたい』を興味深く見ました。


D8jSr-1VUAA9yJm

画像のような感じで、自分のやったことを白状してもらう趣向。司会の人(医者?)は、

「悪感情をもたないようにするのが目的ではなく、悪感情をもっても大丈夫でいられる自分を手に入れるのが目的です」

と言うんですが、これは考えてみれば当たり前。私たちのような性犯罪に手を染めたことがない者でも色っぽい女性やロシュの多い女性を見たら悪感情はもつのだから。


性犯罪は弱い者いじめ
覗きを常習的にやっている人が言います。覗きをした結果、どういう感情をもつかという質問に対し、

「達成感。勝ったという感じ」

なるほど。前々から「性犯罪は弱い者いじめ」と思っていた私は我が意を得たりという感じでした。

だって、腕力で劣る女性を組み伏せて強姦したり、声を上げられない女性が恥ずかしがる顔を見ながら触りまくるとか、弱い者いじめ以外の何ものでもない。


驚愕の痴漢理由
D8jSr-1UEAE01dd

ほとんどの人が最終的な目的として、「性的快楽」や「達成感」、はたまた「収集癖を満たせる(盗撮の常習者)」などを挙げるのに対し、ある男性の告白には仰天しました。

その人は、痴漢の常習者なんですが、きっかけは離婚というのにまず驚き、さらに、元妻と同じ肌を探す、と。女性なら誰でもいいとか、色っぽい人なら、触れそうなら誰でも、とかそういうのではなく、奥さんと同じような肌でないとダメらしい。さらにそういう肌を触って得られる結果としての感情は、

「安心感」

と言うんですね。これには仰天しました。

失った家庭の安らぎを追い求めて痴漢をしている男がこの世にいるんだということを初めて知りました。おそらくこの番組を見なかったら死ぬまで知らなかったことでしょう。性的快感を得るためでもなく、弱い者いじめでもない痴漢が存在するという事実。


笑ってしまった人間模様
犯行に及ぶ前に、自分自身にどういう言い訳をするか、という質問に対して、

「ばれなきゃいいだろう」
「淋しい」
「目の前に立つ女性が悪い」
「これを最後にしよう」

という声が上がります。最後の一人が全員の意見に対し、「淋しいのはわかります。でもそれ以外は全部歪んでるなぁ、と」と答えるんですが、お前も充分歪んでるだろう! と思わず突っ込んでしまいました。


ご先祖様へのうしろめたさ
この治療プログラムをまっとうすることで得られるいいことは何か。という質問に対し、

「墓参りのときにうしろめたさを感じなくて済む」

と答えた男性がいて、他の人が全員深くうなずいていました。みんなやってはいけないとわかっていながらやってしまうんですね。

というか、いま生きている肉親に合わせる顔がない、とか、また怒られる、とかでなく、もう死んでしまった親や祖父母に対するうしろめたさというのが興味深かった。

「宗教心のない人間などいない」というのが私の持論ですが、これまた我が意を得たり! という感じでした。

性犯罪と一口にいっても千差万別なのが興味深く、もっと幅広く見られるべき良質な番組と感じました。ただ、どうあがいても深夜でしか放送できない内容だと思うので、そのへんの配慮は必要でしょうけど。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by ナナシマン   2019年06月10日 22:47
性犯罪=弱い者いじめ的心理が動機の主流だとするならばその根幹にあるのは競争社会でしょうね。

競争社会で敗れた所謂負け組といわれてしまうひとたち、あるいは負け組ではないが競争社会で常に負ける不安に怯え自分の能力や外見にコンプレックスを感じているような劣等感が強い人達。

後は恋愛面における格差も当然あるでしょう。

当然、社会や学校、マスメディアが競争を煽れば煽るほど歪な精神構造の人も増えるでしょうね。

>失った家庭の安らぎを追い求めて痴漢をしている男がこの世にいるんだということを初めて知りました。

この心理が理解できるというか少なくとも違和感は覚えない僕も予備軍かも(笑

けど男性心理にこういうのってありますよ

「バブみ」って言葉調べてみてください
記事の内容と直接はつながらないけど間接的に似たような男性心理を表現した言葉なので
2. Posted by ピッチコック   2019年06月11日 08:46
早速「バブみ」調べてみました。

おおお! 私が日ごろ感じているのと同じ感情じゃないですか!

私も予備軍なのかなぁ。でも、奥さんの肌を追い求める人も離婚がなければ痴漢に手を染めることもなかったわけで、誰もが予備軍なのでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字