2019年06月05日

NHKスペシャルの『彼女は安楽死を選んだ』。本放送はまったく情報がなく、ツイッターで知り再放送リクエストをしたところ、ものすごく早くやってくれました。かなりのリクエストがあったようですね。

安楽死といえば、というか、自殺といえばいつも思い出すのが、長谷川和彦監督の言葉。

「生まれてくるのは選べないけど、死ぬのはてめえで選べるからな。俺はずっとそう思って生きている」

『太陽を盗んだ男』の主人公は、原爆を作って何がしたいのかわからいまま悶々とするんですが、最後に菅原文太刑事から「おまえが殺したがっているのはおまえ自身だ!」と言い当てられます。

「俺はずっとこいつが何をしたいのかぜんぜんわからなかったんだが、あ、こいつ死にたいんだ、とわかったとき、グッと自分に引き付けられた気がしたよ」

とも言ってましたっけ。


anrakushi

ミナさんという多系統萎縮症という重い病気を患った方は、苦しみ続けるだけの生活に終止符を打つべく、姉二人に同行してもらって安楽死が合法化されているスイスへ死出の旅に出ます。

姉二人は本人の意思を尊重しようと考えています。でもミナさんには妹が一人いて、その妹さんはミナさんの決断を受け容れません。お姉さん二人にしても、連れて帰りたいけど、連れて帰ったところでまた自殺を図るんじゃないか、それならいっそここで死なせてやったほうが……という消極的な賛成でしかない。

そりゃそうですよね。いくら本人が「それでいい」と思っていても周りは簡単には受け容れられない。

私の祖父は19世紀委末から21世紀初頭まで3世紀をまたにかけた長寿をまっとうしましたが、晩年は寝たきりで褥瘡がひどかった。食べるために起きようとすると激痛でうめき、横になるときもうめく。こんなに苦しんだ状態で生きていて何の意味があるのだろう、楽にさせてあげたいと何度も思いました。本人も死にたかったんじゃないか。いや、それは私が一方的に思っていただけなのか。もう答えはわからない。

でも仮に祖父が自分から「安楽死してもらうためにスイスに行く」と言ったらどうだったか。はたして賛成できたか、どうか。

長谷川監督の「てめえの勝手」というのは間違いとは思わないけれど、周りの人のことを考えるとそこまで言えない気がする。

わからない。

はっきりしているのは、死ぬ瞬間のミナさんは、やっと死ねるという安堵の表情にも見えたけれど、なぜこんな末路をという無念の表情にも見えたということ。

安楽死は是か非か。
この番組は1回の再放送で終わらせず、何度も定期的に放送すべきと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字