2019年05月28日

降旗康男監督が亡くなった。

huruhata-p

高倉健とのコンビで知られた方ですが、私が生まれて初めて自分のお金で見に行った映画が『あ・うん』だったので、ものすごく淋しいです。

パンフレットに書いてあった、

「現場でスタッフやキャストを怒鳴ったことがない」

という一節に「そんな映画監督がこの世にいるのか」と驚きましたが、数年後に奇しくも現場でご一緒することになり、あの一節が真実以外の何ものでもないことを目の当たりにしたのでした。

というか、あれは降旗監督にはかなり不幸な現場でしたね。

うちの会社のI氏というカメラマンが力をもちすぎており、降旗監督を差し置いて演出するんですよ。最初は主演俳優に対して降旗監督が演技指導をやってたんですけど、ほんとに怒鳴ったりしない紳士だから、人を舐めることしか知らないI氏は監督の演出そっちのけで勝手に演出し始め、結局最後までそれを貫いたのでした。だから降旗監督は「用意、スタート!」「カット!」と号令をかけていただけ。腹の中は煮えたぎっていたんでしょうが、そこは紳士だから何も言わない。少しは文句を言ったらいいのに。これがほんとに高倉健と何本もやくざ映画を撮った人なんだろうか、というのが若輩者だった私の正直な思いでしたが、途中でその見方がガラリと変わります。


index_2

丹波哲郎さんが特別出演的な感じで出るので一日だけ現場を訪れました。「まったくセリフをおぼえてこない」という先輩の言葉は嘘でも何でもなく、ほんとに憶えてない。というか台本を読んですらいない。その場で記録さんからセリフを入れてもらい、自分の芝居にしてしまうのはほとんど神業でしたね。そして何より面白かった。セリフをおぼえてこないろくでもない役者なのに周りの人間すべてを「丹波ワールド」に巻き込んでしまうすごい人でした。

それでいて、I氏が勝手にセリフを言う場所を変えてもまったく動じず、「そうですか。わかりました。録音部さん、さっき俺ここで喋ったけど、次からはこっちになりますから」と気遣いを忘れない。セリフの場所が変わると録音部である私たちの仕事がどう変わるかがすべて計算できている。好き勝手に芝居を変えるI氏とは大違い。単に面白い人ではなく、自分を含めて周囲を常に俯瞰できている人でした。勝新もああいう感じだったんですかね。

それはさておき、すべてのスタッフから愛される丹波さんの出番が終わり、みんな笑顔で「お疲れさまでした!」と挨拶する。あのI氏も挨拶している。しかし丹波さんはI氏になど目もくれず、号令をかけていただけの降旗監督のもとへ駆け寄り、

「フルさん、フルさん、ねぇフルさん! いいワインが手に入ったんだよ。今度一緒に飲もうよ」

と完全に相好を崩してじゃれるように言っていたのが印象的でした。東映で同じ釜の飯を食った仲、しかもそれなりに知られた監督なのにI氏にいいように使われている降旗監督に対して、丹波さんはいろいろ思うところがあっただろうけれど、ただ「いいワインを一緒に飲もうよ」とだけ誘った。

友だちとはそういうものなんだな、とあのとき痛感させられました。

降旗監督はどこまでも紳士だから丹波さんみたいに相好を崩すということはなく、恥ずかしそうに笑みをこぼしていただけでしたが、「戦友」の誘いが心の底からうれしかったようです。

天国で一緒にいいワインを好きなだけ飲んでください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字