2019年05月03日

日本映画専門チャンネルで再放送された『古畑任三郎』シリーズ。

私はかねてからこのシリーズが好きじゃありませんので、印象的な回だけ再見しました。


他はつまらなかった
中森明菜、木の実ナナ、鹿賀丈史、桃井かおり、菅原文太の回を見ましたが、うーん、どれもこれもつまらなかった。どれも謎解きになってないというか、初見のときにあれほど印象的だった鹿賀丈史の新幹線のリクライニングシートを倒すか倒さないかという回にしても、あの実験に鹿賀丈史が協力してくれなかったらどうするつもりだったのか。それ以前に、あの後ろにいたヤクザっぽい男に面通しを頼めば済む話では?

菅原文太の回にしたって、ホテルの管理人・梶原善が偶然ボヤを起こしてなかったらどうだったのか。それでもアリバイは崩せるとは思うけれど、ではボヤ⇒腐ったリンゴの流れは必要ないようにも思う。それに全般的に自白に頼りすぎでしょう。

なぜ昔はこんなものを面白がったんだろう、と思うものばかりでしたが、唯一いま見てもかなり面白かったものがあります。それが最高傑作との誉れ高い、第2シーズン第7話(通算第20話)『動機の鑑定』。


『動機の鑑定』
mig

骨董屋の犯人・春峯堂は、業界ではあまりにあくどいと最低の評判をもつ男。現代最高の陶芸家で人間国宝でもある川北百漢が焼いた壺を本物の「慶長の壺」と鑑定した男。なぜ百漢が贋作を作ったかというと、春峯堂を陥れるため。すでに本物の慶長の壺を手に入れており、これを公表すれば春峯堂の評判は地に堕ちる。

というわけで春峯堂は金づるの美術館長・角野卓造と共謀して百漢を殺害。そのあと「もうあんたとは手を切りたい」という角野をも殺害する。そのときに凶器として使ったのが他でもない慶長の壺。しかも鑑定の結果、凶器に使われたのが本物で、残されたのが贋作。贋作で殺したのならかなりの目利きが犯人、つまり春峯堂だと古畑は睨んでいたのですべての目算が崩れてしまう。

というのが、解決篇までのあらまし。

結果として、別の側面から春峯堂のアリバイを崩した古畑の勝ちとなるんですが、なぜ春峯堂が本物で殺したのかについては「とっさのことであなたにもどちらが本物かおわかりにならなかったようですね」としか言えない。

神妙に自供に応じる春峯堂は言います。(あんな簡単に自供に応じるのはご都合主義だとは思うけれど)

「本物は言ってみればただの古い壺です。しかしこちらはあの人間国宝が私一人のために焼いた壺。私一人を陥れるために。ならばどちらを犠牲にするかは……。古畑さん、物の価値とはそういうものなんですよ」

なるほど、「主観的な価値」と「客観的な価値」ということですね。あるいは「市場的な価値」と「個人的な価値」と言い換えてもいい。

警察の鑑定は約400年前の土が使われているから本物だという科学的な鑑定でした。それは「客観的な価値」に基づいてのものであって、審美眼に基づいたものではない。古畑は常に論理的に犯人のボロを暴いていくことを商売にしているから、論理に基づかないものは理解できない。


img20120402004

この『動機の鑑定』が素晴らしいのは、「美」という、論理派・古畑任三郎には絶対に解けない謎を提示したことにあります。何を美しいと思うかは極私的な問題であり、客観的な論理というものが入る余地がない。

もしかすると、春峯堂はそれを言いたくて自供に応じたのかもしれません。論理だけを手掛かりに刑事をやってきた男に「論理だけでは人の気持ちは理解できないよ」ときついしっぺ返しを食らわしたかったのかも。

ならば……

もっとこの問題を突き詰めてほしかったという思いもあります。

目撃者は「美人」だというけれど、それはその人にとって魅力的な女性だっただけで、古畑の目には魅力的じゃないから誤算が生じるとか。

『古畑任三郎』だけでなく推理物全般に言えるのは、犯人がインテリだということ。探偵役もインテリ。インテリは理屈でものを考えやすい。だから理屈では割り切れない「美」とかそういうことを話の主軸に据えたものをもっと見たかったというのが正直なところ。

逆に言うと「完全犯罪」とはそういうところにしか生まれないのかもしれませんね。


関連記事
「価値」とは何か(フィギュアを箱から出さない人の心性について)



古畑任三郎 2nd season DVD-BOX
田村正和
フジテレビジョン
2004-04-21





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字