2019年11月05日

高校野球で球数制限のルールが導入するという新潟高野連に対して、日本高野連が再考を求めた問題。

確かに、一人のピッチャーに連日連投させるのは肩や肘によろしくない、将来を嘱望されるピッチャーほど連投を強いられるから制限するのはいいことだという意見と、いやいや、それではエース級が一人しかいない弱小校が圧倒的不利になる、はたまた、高校で野球をやめる生徒を球数だけで交代させていいのか、という感情論も出ているようです。


0bf037e0a2cc248dbab2e556d1f2804e_s

私もこの球数制限には大反対ですが、上記のような理由ではありません。

何よりも「100球」というデジタルな数字で区切ることが大いに疑問。個人差があるのになぜ一律100球なのか。

みんな頭の中がデジタルになってしまっていると思います。

球数が問題なんじゃない、大事なのは登板間隔だと、1日おきの投球なら大丈夫と言う人もいますが、それだって結局はデジタルな数字を論拠にしてる点では大差ない。

この問題についての意見を読んでいると、誰それは1試合で何球投げたとか、数字ばかりが前面に出てきています。それっておかしくないですか?

横浜のエースとして延長17回を一人で投げた松坂大輔。あのときの監督は「あいつならまだ投げられる」と確信していたそうです。練習のときから常に全員のコンディションや性格などを頭に入れ、「こいつはまだまだ」「あいつはもう代えてやらないと」と考えていたとか。何球とか何イニングとかそういうことじゃなくアナログな感覚。

結局のところ、指導者がちゃんと気を配っていればいいだけの話で、なぜ「(デジタルな)ルール」として制限せねばならないのかが少しもわからない。

勝つために一人のエースを酷使しないように指導者を教育することのほうが大事だろうし、何より一番大事なのは子どもたちへの体育指導じゃないですか? そこをおろそかにしてルールだけ変えても野球が面白くなくなるだけ。最近の子どもたちは幼い頃から冷房の効いたところで育つから汗腺の数が少ない。だから熱中症になりやすい。学校だけじゃなくて家庭での体育や食育がとても大事。

マウンドに立ってから何球とかそういうことじゃなくて、マウンドに立つまでのほうがよっぽど大事なのに、なぜそういうことを言う人がほとんどいないんでしょうか。

肩を壊す球児を減らしたい。それはわかります。

でもそれなら本から正さないと。試合というのは末端であって、本は日頃の生活ですよ。生活を大人がちゃんと見ていてやることが何より大事なのでは?

2019/11/5追記
来年の選抜では「1週間に500球まで」という制限が設けられるそうです。エース級が一人しかいないチームもあるから一律に1試合ごとに制限を設けられないから1週間で500球。このことについて、去年の夏の甲子園では誰それが何球だった、誰それは何球だった、みんな500球未満だからそんな制限には意味がない、という意見があるそうですが、上記と同じくデジタルな数字だけでいいの悪いのと言っても意味ないと思います。

プロ野球でも「100球投げたら交代」というのが暗黙のルールになっているらしく、先発完投型のピッチャーに与えられる沢村賞は今年は該当者なしでした。同じことを続けていくのならもう永遠に沢村賞を受賞できるピッチャーはいなくなるでしょう。

一人一人限界が違うし、その日の調子だって違うんだから一律に何球という制限はやめたほうがいい。

みんな他人の体調などを見る「目」を失ってしまってるんじゃないですか。医者も血液検査の「数値」しか見てない人がいるし、数値がなければ自分の調子もわからない。もともと日本人は無理するのが大好きだから、デジタルな区切りを設けないと怪我するまでやってしまう。

それはわからなくはないですが、数値にこだわり続けたら「目」を失ってしまいますよ。子どもを見る「目」を失った結果が今回の球数制限でしょう。

残業も国会の審議に関しても話されているのは「〇時間」という「数値」のことばかり。嗚呼。


関連記事
どーかしてるぜ!! 「数値化信仰」の現代ニッポン




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字