クローズアップ現代+「個人情報格付け社会 ~恋も金回りもスコア次第!?~」を見て衝撃を受けました。


20190212_01 (1)

中国のオンライン・マーケット最大手アリババが、学歴、勤務先、年収、預金残高、購入履歴、ローンの返済具合、健康状態などを勘案してAIによって点数を弾き出し、それがその人の信用度スコアとなるそうです。

その点数をもとに結婚相手を探す人もいれば、家賃無料で豪勢な暮らしを享受できる人もいるとか。


直感的にイヤ!
昔、タイトルを忘れてしまいましたが、確か小山ゆうのマンガで、一人一人のIQがその人の額に刻印されてしまい、IQが低い人は殺してもかまわないとかそんな設定の物語がありました。中国ではもはやそれが現実になっているのですね。IQに代わる「信用度」というスコアによって。

企業や大学の格付けだって見るの嫌なのに、人間を格付けするなんてありえない。でも中国人はその点数は客観的なデータに基づくものだから信用しているそうです。笑えない。


長年の友人を切る!?
しかも、借金を返さないなど友人に信用度が低い人がいると自分のスコアも下がってしまうらしく、昔からの友人を切る人も続出しているとか。インタビューアーが「いいんですか?」と訊いても「もちろんです。自分のスコアが下がるほうが嫌ですから」って、え、マジで?

日本でもこの信用格付けという考え方が金融業でも取り入れられているとか。
ある人は、AIから毎日8000歩の散歩をするよう命じられ、それをこなしていくとスコアが上がり、低い金利でお金を借りられるようになる。カードローン地獄にはまっていたその人はそれによって借金完済できたらしく、そういう使い方ならいいかもと思うのですが、いや待てよ、と。みんな何かAIの奴隷になってしまってない?


奴隷の奴隷
ハイデガーだったでしょうか。「奴隷の奴隷」という概念を提示した哲学者がいます。
主人は奴隷をいくらでもこき使える。だから主人は何でも奴隷にやらせる。しかし、そのことによって逆にその主人は奴隷なしには生きられなくなる。主人は「奴隷の奴隷」になり、奴隷は「主人の主人」になる、という面白い考え方です。

中国人も一部の日本人もいまやAIという、本来は人間の道具にすぎない物の奴隷になってしまっているのですね。AIに気に入られるように日々の生活を生きている。


国家に都合のいい人間になりたいですか?
実際、中国では、駐輪禁止区域に駐輪したら監視カメラがすべて見ているのでスコアが下がるとか。環境にやさしい行動を取るとスコアが上がる。

それならいいじゃないという声が聞こえてきそうですが、しかし、何が環境にやさしいかというのは科学の問題というよりはいまや「政治」の問題ですし、すべてAIが見ているから道徳的に悪いことをしたらスコアが下がるのはいいことというのも違う気がします。

AIは人工知能と言いますが、現時点でのAIは自分で考えることができません。開発者が作ったフレームの中でしか考えられない。とすれば、アリババという超巨大企業が何が正しいかを決めているわけです。そしてそのような巨大企業は100%中央政府と結託している。つまり、国家にとって都合のいい人間が生み出されているだけです。なぜそこに気づかないのか。AIの奴隷になることを通して、最終的に国家の奴隷になることを求められているのに。

日本でこの技術がどのように活かされるか、という締めで番組は終わりましたが、道徳を教科とし、点数をつけるようになってしまったこの国でも早晩同じような状況になるような気がしないでもありませんが、日本人だけは違うんじゃないかという淡い希望ももっています。

どうなりますやら。