2019年01月18日

次兄にできるだけ実家に帰ってやってほしいと言われたので、正月から2週間でまた実家にいます。

さて、今回はぎりぎり認知症とは診断されなかった父のことではなく、母のことです。

まず、父のリハビリがこれまでは同じ施設に週2回行っていたのを、別の施設に週1回ずつに変更になったことから。

昨日、帰ってくると、いつもならテレビの前に座っている父がいない。お試しで別のデイサービス施設に行っていると。これまでのところは午前中だけの半日プログラムでしたが、夕方までの全日らしく、大丈夫だろうかと思いながら犬の散歩に行き、帰ってきたら帰宅していました。

かなり疲れたというのは想定内ですが、左目の白目の部分が真っ赤。どうしたのかと聞いても要領をえない。母に聞いても知らないという。疲れたから充血しているだけかと思っていました。

それが昨日だいぶ早く寝て疲れが取れたはずなのに真っ赤な目は変わらない。ちょっと心配だということで昼から夫婦そろって眼科に出かけました。

帰ってきて、どうだったかと母に訊くと「それがよくわからないらしいの」と。え、医者でもわからない奇病!? と思ったら、わからないの主語は父らしい。「でもお母さんも一緒に医者の話聞いたんでしょ」というと、「私は待合で待ってた」と。

うーん、こないだ私と次兄がわざわざ神経内科に付き添ったのは何のためと思っているのでしょう。というか、私がついていけばよかったんですよね。たかだか眼科と思ったのが迂闊じゃった。とりあえず、もらってきた薬には「角膜の炎症、目の乾きを抑える」とある。

たぶん目はたいした病気ではないんでしょうが、問題は薬の効能を書いた紙ですよ。私がどういう薬か知りたいといっても「どこにもない」と。捨てたのと訊くと「捨てるわけがない」。でもゴミ箱をあさるとびりびりに破かれた効能書きが出てきました。

医者の言葉も聞かず、効能書きも捨てたのでは、いったい何のために点眼薬をさすのかわからないじゃないですか。それでは好くなったかどうかもわからない。

しかも、そもそも今日は神経内科の予約が入っていたらしく、完全に失念していたと。

自分のことなのにすべて母が悪いと言い募る父もどうかと思うけれども、母さえしっかりしてくれていたらとりあえず問題ないのに、最近はかなり判断力や記憶力が衰えているようで心配です。

父の目下の悩みは便秘。母は食べる量が少ないからだ、と言いますが、どうなんでしょう。下剤を飲んでいるようです。あまり薬には頼らないほうがいいと思いますが、昔から便秘とはまったく縁遠い生活だったので、ちょっと出ないだけで憂鬱きわまりないとか。まぁこれは健全ですね。

食はますます細くなり、酒の量が増えています。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字