2018年12月20日

アルダラハラを降した鹿島アントラーズとの再戦。レアル・マドリードは今季本当に調子が悪いから負けるんじゃないかと思っていたら勝っちゃいました。しかしレアルが勝ったんじゃなくて鹿島が負けたんだと思いますが。


_1RM2033_horThumb

解説の岡ちゃんと城が言っていたように、緩い入り方をしたのは残念でした。前日、南米王者のリーベルプレートが敗退していたのでね。もっとアグレッシブに行くのかと思っていたらぜんぜん。でも鹿島もまったく前からプレスに来ない。
0-3で負けたエイバル戦みたいにキックオフからガンガン前から来られてハメられてたら絶対負けてたと思いますが、なぜああいう戦術を取らなかったんだろう? 

それでなくてもコーナーキックから絶好のチャンスがあったり、他にも開始15分までにチャンスありましたよね。あれを決められてたらいまのレアルならジ・エンドでした。なかなかゴールが決まらない焦りからよけい雑なプレーに終始していたと思いますね。

ただ、岡ちゃんが言っていた「鹿島の出来がいい」という見方には大いに疑問。
今季のレアルは「横方向のパスばかり」という批判ばかりされてるんですが、前半まだエンジンのかかってない時間帯から縦パスがたくさん入ってましたよね。あんな守備で出来がいいの? まぁ岡ちゃんはバルサファンだからレアルを悪く言いたいんでしょうけど(城も)あまりに一方だけに肩入れする解説はよろしくありません。
最初から雑な守備をしているから2点目のようなありえないミスをしてしまったのでは? あれはゲームを壊しました。楽にはなったけど試合がつまらなくなってしまった。レアルに勝因などなく、鹿島に敗因があるだけ。

攻め手がベイルとマルセロの左サイドしかないという意見にも疑問。確かにカルバハルは本調子とは程遠いしモドリッチもまだ上がってこない。でもルカス・バスケスはよく頑張っていたのでは? ベンゼマもゴールこそなかったもののチャンスメイカーとして奮闘してたと思いますが。クロースもよかったし。
前半、「レアルぜんぜんダメ」と岡ちゃんが言った瞬間にワンタッチパスが何本も通ったとき二人とも沈黙したのには爆笑しました。というか、そういうときこそ何か喋らないといけないのでは? まったく!

マン・オブ・ザ・マッチがベイルというのには異論がありませんが、中盤のバランサーとして奮闘したマルコス・ジョレンテを私は特に称揚したい。決勝でカゼミーロを使ったら怒るよ。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字