私ははっきり言って上沼恵美子という人が好きではありません。むしろ嫌いと言ってもいい。

M-1

でも、今回のM-1グランプリの直後にとろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智の二人が「酔ってるのを理由に言いますが」と前置きしたうえで、

「おまえ」
「おばはん」
「クソ」
「更年期障害」

とNGワードを4つも出してしまったと聞き、動画も見ましたが、あちゃー、言ってはいけないことを言ってしまったな、と。

世間の反応も同じようなものだろうと高をくくっていたら、あろうことか、久保田と武智を擁護するばかりか上沼を批判する人も現れたりで、こりゃ黙っちゃいられないと筆を執りました。


酒を言い訳にするな
私はM-1そのものを見ていないので伝聞情報になりますが、上沼の採点はかなり偏ったものだったらしい。だから「人の人生がかかってんだよ」「1点で人生変わるんだよ」という二人の言い分は痛いほどわかる。でもね、それを「酔ってるのを理由に言いますが」などと前置きしてから言うのでは完全にアウトです。

もし彼らがしらふで面と向かって「ちゃんと採点しろ!」と言ったのなら別にいいと思う。その後、彼らがどうなるかはわからないけど、そこまで捨て身の作戦に出たのなら私は彼らを擁護していたでしょう。

しかし、酔っているからと好き放題言ってそれをネットに上げるというのは愚の骨頂。最も卑劣なやり方じゃないですか。

酒の上の席なんだから許してあげたら、という意見も目にしましたが、ダメでしょう。専門学校時代のT先生のことが思い出されます。


小津安二郎と溝口健二
odu小津
mizoguchi溝口

T先生は大映の人で、溝口の『雨月物語』などに助監督として付いたことがあり、監督として一本立ちもしました。しかし、溝口をはじめ大映の巨匠たちが列席した酒の席で(なぜか松竹の小津もいたとか)酔っぱらった挙げ句、あろうことか、料亭の縁側から放尿してしまったそうです。

T先生はそれから劇場映画を撮る機会を完全に失ったそうです。小津や溝口の顔に放尿したんじゃないですよ。縁側から外に向けてやっただけ。それでも一生干された。
「君らも酒の席では充分注意するんだぞ」と言うT先生の顔は紅潮していて「あれさえなければ……」という無念さが滲み出ていました。

だから、上沼に向かって「おまえ」だの「おばはん」だのと言ってしまった二人は干されて当然だと思います。


女だから?
今回の件であまり語られていないように思うのは、

上沼恵美子が女だからあれだけ威勢のいいことが言えたんじゃないの?

ということです。はたしてダウンタウン松本やオール巨人が偏った採点をしていたとして、彼らは同じように「おまえ」「クソ」などと言えたのでしょうか?

ちょうどいま問題になっている、医学部の採点で女子受験生だけ一律減点してたというのと通底していると思う。差別以外の何物でもない。#MeToo運動元年の最後にふさわしい事件のようにも思えます。


2回売れてこそ本物
1346296bba9b2a4d17a838a28aaca388-cm

上沼を審査員に招聘した松本人志が去年『ワイドナショー』でこんなことを言っていました。ベッキーがゲストのときだったはずですが、

「俺は昔、大阪の芸人は2回売れなアカンから損やって愚痴いうてたやん? 大阪で売れてさらに東京でも売れんとアカン。でも最近はすべての芸能人が2回売れなアカンのちゃうかって思うんですよ。ベッキーのように1回売れたけどスキャンダルで干される。でもこうやってセカンドチャンスをもらってテレビに出てる。これから2回目のブレイクを目指せばええんちゃう?」

久保田と武智の二人にも同じことが言えると思います。いまは謹慎みたいな感じで干されるのも致し方ない。でもセカンドチャンスを与えないというのはいかがなものかと思う。T先生のような人をもう出してほしくありません。

与えられたセカンドチャンスをものにできるかどうか、それは彼ら次第。