芥川賞作家・村田沙耶香さんの最新刊『地球星人』を読みました。(以下、ネタバレがありますのでこれから読む予定の方は絶対に読まないでください)




驚愕のラスト
というわけで、この記事を読んでいる方はすでに作品を読んでいる方のみと思いますので、あらすじの紹介などはしません。

世間のことを「工場」と表現したり、異性と恋愛して結婚して出産して家庭を築くという「普通の幸せイデオロギー」に対し著者はまた果敢に挑んでいるなぁ、とは思ったものの、これまでもそういう主題のものが多いから面白さよりも「既視感」のほうが大きかったんです。

ただ、それがラスト数ページで崩れ去りました。何と人肉食が描かれ、さらには男二人、女一人、合計三人が三人とも「妊娠」してしまうのですから。性交をしないと取り決めていたわけですから単性生殖ということですよね。しかも「明日はもっと増える。あさってはもっと」というセリフから察するに、単細胞生物並みのスピードで増殖するまったく別の生き物、つまりポハピピンポボピア星人に……


ウソから出たマコト?
結末まで読んで完全に頭がくらくらしていわく言い難い感覚に襲われました。奈月、由宇、智臣の三人がほんとにポハピピンポボピア星人になっちゃった、と。

しかし、おかしい。地球星人だった三人が幻想でしかなかったポハピピンポボピア星人になった、というなら「ウソから出たマコト」でしかないでしょう。村田沙耶香がそんなの書くだろうか、と。

逆ではないか。

彼らは最初からポハピピンポボピア星人だった。元の姿に戻っただけだと。文中にも「地球星人なんてポハピピンポボピア星人が作り上げた幻想じゃないか」という表現があります。「工場」の側の地球星人も実はみんな「元ポハピピンポボピア星人」であって、「工場」の洗脳によって地球星人としてふるまっているだけ。「まるで演技のように」「テレビドラマのように」という表現が多々ありますが、「現実は芸術を模倣する」というオスカー・ワイルドの至言を彼らはどこまでも生真面目に実践しているのですね。


一人称のマジック
「私たちは手をとりあい、肩を寄せ合って、地球星人の住む星へと、ゆっくりと踏み出した。光に包まれた私たちに呼応するように、地球星人たちの鳴き声が、この星の遠くまで響き渡り、森を揺さぶりながら広がっていった」

これが最後の一文ですが、「この星」というのはポハピピンポボピア星のことですよね。ほとんどの人が「地球」と思っている星の本当の名前。

なんですけど、この『地球星人』は一人称小説です。三人称なら作者が客観的に記述するわけだからその通りに受け取るしかありませんが、あくまでも主人公・奈月の語りなので「この星=ポハピピンポボピア星」とは限らないんですよね。やっぱり彼らは元地球人で、変な幻想に囚われた果てに人肉食(共食い)までやっちゃったから別の生き物に変身しただけなのかもしれない。

もともとこの物語は、奈月がお年玉で買ったぬいぐるみにピュートと名付け、そのピュートがポハピピンポボピア星人であり、魔法警察の任務を受けて危機に陥った地球にやってきた、そしてピュートが奈月に地球を守るよう魔法少女になってくれと依頼するところから始まります。

そして最後、別の生き物になった奈月がピュートを拾い上げると、人間の髪の毛で編まれた、ぜんぜん違う姿になっています。

ピュートがポハピピンポボピア星人だというのは奈月の幻想なのは明らかなんですが……


伊賀崎を殺したのは誰なのか
塾講師の伊賀崎を殺す場面でもピュートが命じるままに殺した、というように書かれていますが、はたして本当に伊賀崎を殺したのは奈月なんでしょうか?

奈月の姉が凶器の鎌や血の付いた靴下などを遺族に渡したのは本当なんでしょうけど、それだって姉が変質者が殺すところを目撃して証拠も握っていたけど、ここぞというところで妹を罠にはめてやろうともっていただけかもしれませんよね。

だって、伊賀崎殺害のあと、彼はある日から白いワゴン車に尾行されていると友人に話していたというし、恐くて眠れないから睡眠薬を飲んでいたという証言もあった。本当に別の変質者に狙われていたのではないか。それを奈月は自分が殺したかのように思い込んでいるだけではないのか。

一人称で書かれているうえに、殺害のはっきりした描写がないからどこまでも灰色です。というか、私は姉が伊賀崎を殺した可能性が一番高いと思う。伊賀崎と奈月がキスしていたのを目撃したと妬ましそうに言ってましたし。


ピュートはなぜ答えない?
伊賀崎を殺したかのように見える場面で、ピュートから「実は君は本当はポハピピンポボピア星人なんだよ」と告げられるも「ポハピピンポボピア星に帰れる?」と訊くと「■■■■■」という聞き取れない返答しかない。ピュートは奈月の幻想なのに答えが聞こえないっておかしいですよね。

というか、智臣と由宇がポハピピンポボピア星人になることに何もためらいがないのに対し、奈月は最後まで躊躇しています。人肉食の直前、「そんなことをしたらもう二度と地球星人の仲間には入れてもらえないのではないか」と思う奈月は、自分はポハピピンポボピア星人という幻想を生み出した張本人でありながら、地球星人であることに未練があるようです。「早く洗脳してほしい」という言葉もあります。あんなに洗脳を嫌がっているのに。


何があっても生きのびること
幼かった頃の奈月と由宇は「何があっても生きのびること」を誓い合って一年に一度の逢瀬を楽しんでいました。そしてその同じ言葉が終章近くでも語られます。

どうやら奈月にとって大事なのは地球星人の洗脳から逃れてポハピピンポボピア星人になることではなく、地球から故郷の星へ帰ることでもなく、「生きのびること」にあるようです。

だから、奈月たち三人が単性生殖で増殖能力の高いポハピピンポボピア星人になったという結末は奈月の幻想、妄想というのが私の解釈です。

伊賀崎がロリコンの変態だったことは確かでしょう。奈月は伊賀崎が殺してやりたいくらい嫌いだった。そして伊賀崎は何者かに殺された。でも「客観的事実」と言えるのはそれだけじゃないでしょうか。誰かが伊賀崎を殺したというのを聞いて自分が殺した、これでポハピピンポボピア星に帰れる、つまり地球で息苦しい思いをせず故郷の星で思いっきり人生を謳歌できると思いたかったのでしょう。本当は殺してないのに。そう考えればピュートの「■■■■■」という返答にも納得がいきます。

奈月は伊賀崎が嫌いだし、姉も嫌い、両親も嫌い、由宇と智臣以外の誰も彼も嫌い、とても息苦しい思いをしている。それでも生きていかねばならないから少しでも生きやすいように「地球星人なんてポハピピンポボピア星人が作った幻想なんじゃないか」という幻想を生み出した。しかし地球星人として普通に行きたいという欲求もある。

奈月にとって大事なのは「生きのびること」。生きのびられるのであれば地球星人であろうとポハピピンポボピア星人であろうとどっちでもいいのだと思います。ただ、人肉食などという許されないことをしてしまった以上、もう地球星人ではいられない。ポハピピンポボピア星人になるしかない、ということで三人がポハピピンポボピア星人になった妄想の中で生きのびることにしたのでしょう。

そう考えると、かなりぶっ飛んだ結末が、とても哀しい結末に思えてきます。


作者の罠
しかし、どこからが奈月の妄想なんでしょうか?
人肉食をしたあと、姉たちが押し込んでくる最終盤だけでしょうか。

ここでもう一度、姉が奈月と伊賀崎について話すシーンを思い起こしましょう。
姉は「奈月ちゃんが殺したの? そんなはずないよね」と言っていました。自分が殺したのならそんなこと言わないでしょう。ただここで大事なのは、このときすでに奈月の周りの人間はみなセックスのことを「仲良し」と言っているということです。

そんな表現をする人間は現実にはいません。ということはあのシーンからすでに妄想? いや、もしかしたら由宇とセックスして一族から締め出しを食らったときから? いや、もしかして最初から? すべてが奈月の夢?

もしかするとこの物語は、恋愛至上主義・結婚至上主義・出産至上主義と闘ってきた村田沙耶香という人の「地球星人の洗脳から逃れたい」「ポハピピンポボピア星人になりたい」という永遠に報われない願いを、奈月という架空の存在に託して語られたものなんじゃないか。

そんなふうにも読めてくるこの小説はまるで万華鏡のようです。少なくとも著者にはすでに「宇宙人の目」がダウンロードされているのでしょう。


関連記事
『コンビニ人間』(マニュアルという宗教)