もう結構前から思っていたことではあるんですが、今日「ここもか1?」と唖然となったので筆を執りました。

コンビニの雑誌立ち読み禁止のことです。


20130822-00027183-roupeiro-000-7-view

こんなふうに縛ってあるのは私の家の付近では見たことないですが、ページを開けないように透明のテープを貼ってあったりするじゃないですか。

あれって逆効果だと思いませんか?

知恵袋でこんな質問をしている人がいました。→こちら

この人は、以前買った本かどうかを確かめたいのにページが開けないとそれができないと主張していて、それに対する答えの主がいずれもコンビニや本屋の店員の経験があるらしく、「立ち読みの弊害」を声高に叫んでいます。買ってくれる正当なお客さんが立ち読み客のマナーの悪さを嫌うらしいんですね。

で、売り上げが上がっていると。

ここで注目すべきは、立ち読み客のことを「客寄せパンダ」と呼んでいることですね。え、そうなの?

他のサイトでも、店が立ち読みを許容していたのは、外から立ち読み客が並んでいるのが見えると入ってくる客が増えるから、だそうです。




ウソだ!!!

立ち読み客が並んでいるからその店に入ろうなんて思ったことないですぜ。それに何より、雑誌そのものが客寄せパンダじゃないの???

つまり、私みたいに雑誌の立ち読みがしたくて店に入る人間が結構な数いるということ。実際、「最近、立ち読みできないコンビニが増えたよね」というと、「そうそう!」という激しく同意する言葉が返ってきますよ。

立ち読み禁止にして売り上げが上がったというのも信じがたいですが、まさかそれは嘘ではないと思うので受け入れるしかないですが、しかしですね、わたしだって雑誌を買うときはあるわけです。家でじっくり読みたいとか。立ち読み禁止になってるから買うわけじゃない。むしろ、知恵袋の質問主のように「中身がどんなものか確かめて」それから買うのが定番の買い方。

とはいえ雑誌の売り上げの数字自体は悔しいかな、上がっているのでしょう。

でもね、「雑誌の」売り上げが上がったってことでしょう? 私のように、立ち読みのついでにジュースやアイスを買うような人間の「ついで買い」は減ってるんじゃないですかね? 

ついで買いの他にも、さすがに同じ店で何度も立ち読みしてたら申し訳ないので、ほしくなくてもガム一個だけ買うとかしたことありますよ。トイレを借りたら何か買わなきゃ、と思うのと同じでしょう。

ごくごく普通に考えて「店の中に入る客」が減ったら売り上げは落ちますよね。
私も、私の周りの人たちも、立ち読みできないなら他の店に移るだけ、そこで何か買うと言ってますぜ。

だからやっぱり客寄せパンダの雑誌は立ち読みOKであったほうが、店も客も潤うと思うんですが、いかがでしょうか。