近くの劇場で急遽上映が決まったらしい『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』。監督はあのジョージ・パン・コスマトスの息子パノス・コスマトス。予告編を見て何とも言えぬ禍々しさが気になったので見に行きました。

いや、もうこれはニコラス・ケイジの新たな代表作というか、私にとっては『ワイルド・アット・ハート』に次いでケイジ兄貴がはじけた映画として記憶に刻まれそうです。


00

ニコラス・ケイジって基本的に好きじゃないんです。この顔で主演スターを張ってるというのが私にはよくわからないんですよ。この顔なら普通脇役ばかりでしょ。叔父さんの七光りがなければ絶対スターになれてないと思う。

しかし、この『マンディ』は『ワイルド・アット・ハート』のようにニコラス・ケイジという特異な役者を活かしまくった稀有な映画だと思いました。

さて、マンディというのはニコラス・ケイジの奥さんの名前で、人里離れた山奥で木こりをやっているケイジに深く愛されているのですが、この奥さんがカルト集団みたいなのに惨殺されて、我らがケイジ兄貴が復讐の鬼と化すというのが『マンディ』のあらまし。

カルト集団の頭目も何が目的なのか少しもわからないし、何かヴェノムみたいな怪人も出てきますし(『ヴェノム』は未見ですが)はっきり言ってよくわからないこの映画。

最初はね、途中退席しようかと思ったんですよ。だって、マンディが惨殺されて復讐の鬼と化すまでに75分もかかるんですよ。全体は120分そこそこなのに。クレジット入れたら120分ない。いくら何でも時間かかりすぎ。

でもね、そこまでを我慢すれば実に楽しい時間が待っています。

楽しい? 血みどろの復讐劇が? という声が聞こえてきそうですが、この映画は非常なる可笑しみに満ち溢れているのです。

ちょうど昨日、WOWOWでやっていた『マザー!』というのを見たんですけど、あれもよくわからない映画で、不条理なホラーを目指したのか何なのか。一番残念なのは可笑しみがないことなんですね。笑えない。不条理をやるならブニュエルみたいに笑わせてほしいんですけど、恐がらせようとするばかりで逆に白けました。

でもこの『マンディ』は笑えるんですよ。

まず、奥さんを目の前で惨殺されたケイジ兄貴がトイレで号泣するんですが、いつものようにトチ狂った芝居には定評のあるケイジ兄さんなので、このシーンが異常に笑えるんですね。

さらにヴェノムみたいな怪人をやっつけるところで、どうやってやっつけたのかよくわからないんですけど(この映画はわからないことだらけ!)ヴェノムが血をドバーッと吐くんですね。でニコラス・ケイジがその血を浴びるんですけど、その顔が笑える!

さらにここ。↓↓↓




20181105-mandy_full

復讐を果たしたケイジ兄貴は車を運転して帰路につくんですが、いつもなら助手席に乗って微笑んでいる奥さんを夢想してこんなすごい目で笑うんです。このカットはもう爆笑もんでした。劇場で笑ってたのは私一人だけでしたが。www

とにかく、この映画は本当にわからないことが多すぎるし展開がのろいので、万人向きじゃないと思います。むしろ「何だこの映画は」と眉をひそめる向きのほうが多いんじゃないでしょうか。

でも私は大いに楽しみました。何より、ニコラス・ケイジという役者を使って面白い映画を作った監督はこれまであまりいませんから。

パノス・コスマトス。この先どういう映画を作るのか、目が離せません!
(ちなみにこの記事には「ヨーロッパ映画」というタグをつけていますがアメリカ映画じゃなくてベルギー映画なのでね。念のため)