「許せない映画」とは、面白いのにそれを上回る残念なところがある映画のことです。

カンニングを犯罪映画のように描いてスリリングと話題沸騰の『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』も私にとってはそんな許せない映画でした。

まず、どこがよかったかを言いましょう。

顔のドラマ
まず、『ゴッドファーザー』がアル・パチーノの顔の変化の物語として捉えられていたように、この映画でも主人公リンの顔の変化を如実に捉えているところが素晴らしい。


Bad_Genius2
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
badgenius1

実に映画的ですね。


答えは常にわかっている!
次に内容についてですが、受験戦争が過熱しているらしいタイで人もうらやむほどの知性をもったリン、そしてのちに仲間になるバンクという男。この二人の「頭の良さ」に作者たちは少しも疑義をはさみませんよね。そこがいい。

この二人にとっていくら難しい問題でも「答えは常にわかっている」。わからなくてサスペンスが生じて勉強を頑張るならただのお勉強ドラマです。この映画を犯罪映画たらしめているのは二人が正解しか知らないというところにあります。そして100問以上の解答をすべて暗記できるほどの完璧な記憶力の持ち主というところにも。

金庫の中に金があるのはわかっている。どうやってそれを盗むかだ。というのと同じです。強盗団も彼らに感情移入している観客も、その金が誰のどういう金かなんてまったく気にしませんよね。

だからこの映画でも「どんな問題か」「答えは何か」などということにはいっさい頓着しません。「勉強不足で答えがわからない!」なんていう世界の原理には目もくれず、二人は常に答えを知っている、なぜなら二人とも天才だから。という「映画の原理」を採用します。当たり前のようでこういうの結構難しいんですよね。脚本書いているとどうしても世界の原理に引きずられてしまいがちなので。

では、そのような面白さを超える「残念なところ」とは何か。


神話的世界観


超エリートにもかかわらずカンニングというビジネスに手を出し、ダークサイドに落ちてアンチヒーローとなった主人公が、父親の愛情によってヒーローとして再出発するまでが描かれますが、どうもこの結末には違和感を禁じえません。

主人公を助け出す父親が好調に賄賂を贈っていたことが主人公の最初の動機だったわけですよね。この世はすべてカネなんだと。

とはいえ、父親だって愛娘のために喜んで寄付したお金だと主張してるし、あれは嘘ではないでしょう。子どもの目には汚いカネにしか見えないかもしれないが、あの賄賂=寄付がなかったらそもそも彼女はエリート校に入学できなかったわけだし。

私は神話的世界観に彩られた映画が好きだし、そういう観点から映画をいつも見ていますが、こういう「必要悪」を描く場合、神話的な善悪二元論というのはそぐわないと思うんです。

もう一人の天才バンクが、なぜか捕まったにもかかわらずまだまだカンニングビジネスをやる気でリンを勧誘しますよね。でもリンは「すべて喋ってもいいわよ」みたいな感じで父親のもとへ。

うーん、解せません。

まず、なぜ一番及び腰だったバンクがやる気に満ちているのかがわからないんですが、それはこの際どうでもよろしい。私はリンの「物分かりの良さ」のほうが気になります。

犯罪映画の面白いところって、悪人にも善なる部分があったり、善人にも悪人の面があったり、そのあたりの境目が融けあって単純に善悪二元論に還元できなくなるところにあると思うんですが、この映画の作者たちは結局のところ「カンニング=絶対悪」と捉えているようで、カンニング大作戦を見に行った観客としては「それはないよ!」と言いたくなります。

それでは「カンニングに精を出したけど、あれは若気の至りでした」と言ってるようなものですから。そんな映画ダメでしょう。

結局、主人公リンがカンニングビジネスをやる最初の動機たる父親の賄賂。あれについての突っ込み=考察が浅いからこうなってしまったんじゃないですかね?

賄賂でもあり、寄付でもある。
汚いカネでもあれば必要なカネでもある。
善悪二元論では還元できない微妙なところを素通りしてしまった憾みが残ります。

そこを素通りしなければ、

カンニングは悪い行為である。でも必要な行為でもある。

という、まったく新しい地平を切り拓けた可能性もあったと思います。

確かに私は悪人。でも私みたいな悪人がいなければ不幸になる人がいる。そういう受験戦争っておかしくない? という痛烈な社会批判もできたはずなんですが。


badgenius1

主人公がいい顔してるだけに惜しい!


関連記事
①『ダーティハリー2』
②『L.A.コンフィデンシャル』
③『グレイテスト・ショーマン』
④『ゴースト・ドッグ』