昨日のドキュメンタリープラス『ヤメ暴 ~漂流する暴力団離脱者たち~』を見て義憤に駆られたので感想を書きます。


警察庁の金星ではあるが……
yamebou2

西山組という建設会社を営む西山さんは、かつて山口組系暴力団の組長をやっていたが、35年前に辞めて西山組を立ち上げ、暴力団を辞めて行き場を失った人たち=「ヤメ暴」の受け皿を担っている。

毎月20通もの手紙が全国の刑務所から送られてきて、

「孤独です」
「もう死にたいです」

という悲痛な声が綴られている。西山さんはそういう人たちがカタギとしてやっていけるように更生する役目を担っている。

しかし、おかしい。

警察庁の発表では、暴力団対策法が施行されてからの26年でかなりの数のヤメ暴が生まれていて、この10年間でも2万人以上。そのうち就職できたのはたったの182人とか。暴力団としてやっていけなくしておいてあとは放っておくだけ。

確かに暴力団の数は減り、構成員の数は減った。だから西山さんは言います。「ヤメ暴が増えているのは警察庁の金星です」

でも、増えたヤメ暴がカタギとして就職できず社会の中をさまよっている。「警察庁の金星ではあるけど、社会の金星ではないよね」

まったくその通り。暴力団や暴力団員の数は減り、数字の上では「反社会的勢力」はどんどん縮小しているように感じられるけれど、ヤメ暴を放っておいたのではどうしようもない。食えなくなったら簡単に法を犯して金品を得ようとするし、彼らは殺人だって厭わない。それではダメでしょう。辞めさせたのなら国が何とか支援する手立てを打たないと。


yamebou1

警察が反社会的勢力!?
このドキュメンタリーではものすごく印象的な場面があります。ナビゲーターの武田梨奈もイチオシだと言っていた場面。

西山さんたちが街頭に出てヤメ暴への理解と支援を訴えようとすると、警察から横槍が入る。西山さんたちは必要なものを入れるために近所のスーパーの了解を得て買い物カゴをもっていたんですが、警察官はそれを疑ってわざわざスーパーに電話を入れて確認を取る。確認が取れても「まだ確認が取れていないので」とか何とか時間を稼いで街頭演説できないようにした。

ここだけ見たら完全に警察のほうが「反社会的勢力」じゃないですか。

後日、署長から西山さんに謝罪があったらしいですが、あんなふうに社会からヤメ暴やヤメ暴を支援する人たちを排除するだけではよけいに犯罪が増えてしまう。

経済の問題と相似形を成していると思いました。


経済の問題との相似形
国は国民から税金を収奪し、その代わり社会保障などで再分配するのが本来のあり方ですが、最近は再分配がうまく行き届いてないですよね。来年から消費税が上がるらしく、安倍某は社会保障費としてと言っていますが、そんなのウソだとみんな知っています。

それと同じように、警察は暴力団を壊滅することにばかり熱心で、そのために増えたヤメ暴の受け皿を作らないばかりか、ヤメ暴さえ社会から排除しようとしている。

排除するだけで受け容れない。
収奪するだけで再分配しない。


いまこの国は相当やばいことになっていると感じました。