吉澤ひとみがひき逃げした瞬間の映像が別の車のドライブレコーダーに残っていて、先日それが公開されて物議を醸しました。



轢かれた人は軽傷で済んだと聞いていたので、こんなに吹っ飛ばされていたとは驚きでしたし、あれだけ見事に轢いておきながら逃走した吉澤ひとみの罪は重すぎるほど重い。酩酊して判断力がなかった? それならそれで車を運転するべきではないから、いずれにしても重罪です。

が、同時に多くの人が思ったはずですが、すぐそばで見ていた女子高生らしき女の子たちが、目撃していながら見て見ぬふりをして現場から立ち去ったことに哀しみを憶えました。
つい先日、出勤途中に猛スピードの自転車がこけて乗っていた人がもう少しで後ろから来た車に轢かれそうになったんですが、私や他の人も、そばにいた人はみんな駆け寄りましたよ。外国人だったので「OK?」と訊いたら「大丈夫です。ありがとう」と笑顔で言っていたから会社へ急ぎましたけど、あそこで見て見ぬふりはできないし、もし怪我を負っていたのなら誰かが119番しないといけない。


TatekawaShiraku

吉澤ひとみの事故映像に関して、見て見ぬふりをした女子高生も悪いというまっとうな意見に対し、立川志らくがツイッターで、

「あの子たちも轢かれなくて本当によかったと思う。あの映像はひき逃げ犯の証拠としてだけ扱われるべき」

という意見を披露していました。

この意見は何か胡散臭いと思っていたんですが、やっとその理由がわかりました。

あれっていじめを傍観している人たちと同じですよね。巻き込まれたくないから見て見ぬふりを決め込む。まぁ私も昔はいじめられたこともあるけれど、いじめを傍観していたこともあるのであまり偉そうなことは言えませんが、しかし、志らくの「轢かれなくて本当によかった」というのは、いじめられた子が自殺したにも関わらず、

「うちの子がいじめられなくて本当によかった」

と胸をなでおろす過保護な親と何ら変わりませんよね。

確かにあの映像は吉澤ひとみの悪質なひき逃げを映していますが、同時にそれを見て見ぬふりをした子どもたちもちゃんと映している。もし誰も通報せず、そのせいで被害者が死んでいても同じことを言えるんでしょうか?

志らくは見て見ぬふりをした人間を見て見ぬふりしているだけです。偽善以外の何物でもない。


関連記事
吉澤ひとみのひき逃げ事件(若き映画人志望者に向けて)