実は、私は雨男です。いや、雨男でした。

なぜ過去形なのかはとりあえず措くとして、まず、なぜ自分を雨男だと思っていたか、そこからお話ししましょう。


ameotoko

意識しだしたのは高校生くらいの時分だったか、20歳すぎてからか定かではありませんが、とにかく、天気予報で「いつ降ってもおかしくない」と言っていると、必ずと言っていいほど家を出た途端に雨が降り始めるんですね。で、家に着くとやむ。これで雨男じゃないと思うほうがおかしい。

でも、その程度なら雨男とは言えない、という人もいるんですね。人はどうしてもネガティブな経験が頭に定着するから、家を出た途端に雨が降ってばかりと思いがち。家を出たら晴れたこともあるはずなのに忘れているだけだと。

うーん、なるほど。そういう考え方もあるか。浅はかだった。

と思っていたのは7年前まで。

7年前にシナリオコンクールで受賞したんですが、その電話があった日が雨だったんですね。そして約1か月後の東京での授賞式。表参道のおしゃれなホテルで開催されたんですが、まさにその日が土砂降り。あのときに確信しました。「やはり俺は雨男なんだ」と。

ところが!

ここに来て、変わりつつあるのです。

先週の超強力な台風の日、電車が止まって帰れなくなる可能性が高いということで職場の同僚さんはほとんどがお休みでした。一部の偉い人と近くから歩いて来てる人だけ来ていて、私も歩きだから当然出勤しました。

すると、何と行きも帰りもまったく降られなかったんですね。職場にいる間に土砂降りになって、帰る頃には完全にやんでいました。

そのときはあまり意識してなかったんですが、昨日の夜、ちょっと買い物に近くのスーパーまで行ったところ、雨が降ってるので傘を差して行ったんですがすぐにやみ、そして買い物を済ませて家に帰り着くと同時に土砂降りになったのです。

しかも!

今朝出勤するときも雨が降っていたのに、私が傘を差した途端に雨がやんだ……!


kaisei

これはもしかするともしかして、相当な運気が来ているのかもしれません。

『王様のレストラン』で、無能な支配人を演じる西村雅彦が「とてつもなく永い厄年が続いているだけなんだ」と息巻いて実際にその厄年が終焉しましたが、私の永い厄年ももうそろそろ終わりに近づいているという暗示でしょうか。

甘いわい、ってな声が聞こえてきそうですが、そういう声には耳を傾けません。

雨男から晴れ男へ! この運気は大事にせねば。