2018年09月07日

本日、文芸社から手紙が来ました。

文芸社といえば、私がこないだ生まれて初めて書いた小説を出した出版社。毎日新聞との共催だったんですが見事に沈没しました。(関連記事→「小説を書き始めました」

募集要項には「応募者全員に通知」と書いてあったのにHPで結果発表するだけというのはけしからんと思っていたら「選考結果のお知らせ」が来たんですね。


juunintoiro (2)

何と作品の講評をしてもらえるとか。これはぜひお願いしてみようと思います。

何て言われるだろうか。ドキドキ、ワクワク!?


続きの記事
文芸社からの手紙、再び



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字