いまやサッカー解説者と化してしまった小柳ルミ子。何しろ年間2000試合も見るというんですからね。オフの日は日がな一日見てるとか。睡眠時間を削って見てるとか。アホか。いくら私でも睡眠時間を削って映画を見たりしない。とはいえ、そこまで熱狂できるものがあるのは逆にうらやましい気もする。

さて、そんな小柳ルミ子が歌手であることを知らない若い世代も増えていることでしょう。

ということで、この代表作を。『お久しぶりね』

いい歌というより、なんか「不思議な歌」なんです。





作詞・作曲:杉本真人

お久しぶりね あなたに会うなんて
あれから何年たったのかしら
少しは私も大人になったでしょう
あなたはいい人できたでしょうね

お茶だけのつもりが
時のたつのも忘れさせ
別れづらくなりそうで
何だかこわい

それじゃあさよなら元気でと
冷たく背中を向けたけど
いまでもほんとは好きなのと
つぶやいてみる

もう一度 もう一度
生まれ変わって
もう一度 もう一度
巡り会いたいね

お久しぶりね こんな真夜中に
あなたから電話をくれるなんて
おかしいくらい真面目な声で
私に迫るから眠気もさめた

もしもいまでも一人なら
映画みたいな恋をして
愛を育ててみたいねと
笑ってみせる

それじゃあさよならこれきりと
冷たく受話器を置いたけど
涙が知らずに溢れ出す
どうかしてるね

もう一度 もう一度
生まれ変わって
もう一度 もう一度
巡り会いたいね

もう一度 もう一度
生まれ変わって
もう一度 もう一度
巡り会いたいね


不思議じゃないですか? いまでも好きな人と再会したにもかかわらず素直になれずにまたも別れる羽目になる。という切ない内容の歌なのに、曲調がめちゃノリノリですよね。

ふつうこういう曲ならもっと気分が高揚するような歌詞を作るはずだし、逆にこういう歌詞にするならもっとしっとりした曲にしますよね。不可解。

でも、こういう不可解さがこの歌の魅力だし「切ないけどなぜか気分が高揚する、高揚するけどやっぱり切ない」というドラマを書きたい。と改めて思った次第。「面白うて、やがて悲しき……」というやつでしょうか。


KoyanagiRumiko

あんまりサッカーばかり見すぎないようにね。