今朝の『上田晋也のサタデージャーナル』で「AI婚活」が取り上げられていました。
主に「ビッグデータ」を活用するという主旨で、自分が狙っている女性がいろんな人に会いまくっているとか、そういう裏事情を勘案してAIがおすすめの相手を紹介するというもの。
しかし、いつだったか『ワールドビジネスサテライト』で紹介されたときはもう少し違う主旨でした。


WBS-AIkonkatsu (3)

AIが人間の盲点を突く
AIの紹介によってお見合いに至る確率が格段に上がるというのは同じですが、ビッグデータとかそういうことよりも「人間の盲点」をAIが突く、という感じの説明だった記憶があります。

数日前に「AIが車を運転する社会は永久にやってこないだろう」という主旨の日記を書きましたが(→こちら)それは現在のAIが「真の意味でのAI」ではなく、つまり「自律システム」ではなく「他律システム」だから、というものでした。AIはしょせん「コンピュータ」であり、コンピュータとはつまるところ「計算機」であり、計算機にできることは「四則演算」だけです。

AIは人間みたいに間違ったりしないから大丈夫、みたいなことを言う人がいますが、確かに間違わないけれど、それは「四則演算を間違わない」というだけの話です。

とはいえ、WBSで紹介されていたAI婚活はそこを逆手に取った戦略でした。


AIを使いこなす
つまり、人間は自律システムであるがゆえに自分の感覚をあてにしすぎる。しかも事は恋愛や結婚という「フィーリング」が何より重視される場ですから、よけいに理詰めで考えたりしない。

そこで、絶対に計算を間違わないAIに徹底して理詰めで考えてもらう。その末に紹介された相手は「もし自分だけで選んだらこの人は真っ先に落としていた」と思うような人が紹介される。そして実際に会ってみるととてもフィーリングが合って結婚に至る、と。

自律システムたる人間が自分たちの作った他律システムの権化たるAIをうまく活用していると思いました。

だから、これからの時代はAIをうまく使いこなすことが重要になると思われます。


「AIだから……」というプラセボ
しかしながら、水を差すようですが、お見合いに至る確率が格段に上がっているのは「プラセボ(偽薬)効果」の面のほうが大きいと思うんですよね。薬のような外見をしているけれど何ら薬効のない偽薬を飲んだだけで本当に症状がよくなるというアレ。


1041901

去年でしたか、投了の局面から一手だけ戻し、投了したほうをAIがもって芸能人と対戦するという番組がありました。第一人者である羽生善治が解説をしていましたが、ポナンザがまったく意味不明の手を打つことがあって司会者が羽生に解説を求めると「いやぁ、よくわかりませんが、でもポナンザが指した手なので……」と言っていました。
20年ほど前、羽生が7冠を達成したころはいわゆる「羽生マジック」というやつにすべての棋士がきりきり舞いさせられ、プロ棋士ですら「いやぁちょっとよくわかりませんが、羽生さんが指した手なので……」と言っていたもんですが、その羽生がいまやAIに同じことを言う。隔世の感を禁じえませんが、おそらくAI婚活でお見合いする人も同様なんだろうと思います。

AIが薦めてるんだからとりあえず会ってみようか、と。機械は間違わないからすべてを機械に任せてしまえ、と考える人が増えているご時世ですから、「とりあえず会ってみれば」と他の人間から薦められてもおそらく会わないんでしょうね。AIが言うんだからピッタリの相手かもしれない、となる。実際に会うと何か違うと思う場面も多々あるのでしょうが、「AIが選んだ相手」という情報がプラセボ効果となって結婚に至る。

それは本当の意味で「自律システムである人間が他律システムにすぎないAIを使いこなしている」ことにはなりません。逆に、他律システムにすぎないAIに支配されている。

まぁでも、この場合はそれでいいんじゃないでしょうか。それで結婚できるなら。それで幸せになれるなら。幸福かどうかなんてしょせんは人間の錯覚にすぎませんから。そういえば「錯視こそ生物が自律システムたる所以」と『人工知能の哲学』という本に書いてありましたっけ。なるほど、そういうことか。

AIに仕事を奪われる人はたくさん出てくるでしょうが、AIには絶対にできないことはたくさんある。AIにできることは大いにやってもらい、できないことはもちろん人間がやる。そうやってうまく共存すればいいだけの話だと思います。

繰り返しますがAIは計算機にすぎません。電卓が発明されてもパソコンが発明されても人類はそれらを使いこなして文明を発達させてきたのだから、何も恐れることはありません。いままでと同じように自分たちの代わりに超高速の計算機として働いてもらえばいいのです。

ということをAI婚活のニュースを見て感じた次第。