衆議院議員の杉田水脈が「LGBTは子供を産まないから生産性が低い。なぜそのような人たちに税金をつぎ込む必要があるのか」と発言して大炎上しています。


sugitamio

あきれてものも言えないとはこのことですが、黙っていてはダメだろうといろんな人が非難しています。が、私はその多くの言説が的外れというか、杉田水脈と「同じ穴のムジナ」と思える部分が少なくありません。

非難の多くは「生産性が低いからといって非国民扱いするのはよくない」とか「ナチスの優生思想に通じるからダメ」という論調のものが多いようですが、それらの言説は「LGBTは生産性が低い」という杉田水脈の考え方に同意署名してしまってますよね。

生産性が低いからといって……ということは、LGBTは生産性が低いという考え方自体には異議を唱えていないし、優生思想云々も同じ。劣った人種は断種してすぐれた人種だけを残すべきというのが優生思想でそれはダメだと。でも、その時点で「LGBTは劣った人種である」と言外で言っちゃってます。


子どもは「作る」ものなのか
そもそも子どもは「作る」ものではなく「授かる」ものです。もうだいぶ前から「子どもを作る」という言い方が流行していますが、私は同意できません。人間が人間を生産するというのは間違いです。だから「LGBTは生産性が低い」という言い方は根本からして間違っています。

しかしながら、いまさら杉田水脈のような人に「子どもは作るんじゃなくて授かるものなんですよ」と諭したところで納得しないでしょう。「そんなの宗教ですよ」と言われておしまい。私は常々、宗教心のない人間はいないと思っていますが、そう思っていない人のほうが多いのが現代ニッポンの現実。

それならば論理的に杉田水脈の言葉が誤謬であると言ったほうがいいのではないか。


人間を生産するとは何か
ここで百歩譲って「人間が人間を生産する」ことを真としましょう。それを真としても「LGBTは生産性が低い」は必ずしも真とはなりません。

43763096_ml
LGBT-family-building

人間が人間を産む、というのは出産だけではありません。その子を一人前の大人に育てることも含みます。
LGBTの人が養子をもらうなどしてきちんと育て上げれば人並みの生産性を上げたということになります。我が子を虐待して苦しめている親から子どもを取り上げ、LGBTや子どもができない人に育ててもらえばいいんじゃないですか。それが政治家の仕事では? そういうことを何もせずにただもっと産め、産まない人間は非国民であると主張するのは「職場放棄」以外の何物でもありません。保育園不足、保育士不足の問題を解消するだけでも「生産性」はかなり上がるはずなのに何もしない。


「数」の問題なのか
それよりももっと大きな問題があります。
杉田水脈は「子どもの数がゼロの人間には何の価値もない」と言ってるわけですが、これって「数」の問題なんでしょうか?

人口さえ増えれば問題が解決するんですかね? そんなことないでしょう。そりゃ「量」も大事だろうけど「質」のほうがもっと大切では?

だからこれもまた教育の話になりますが、まっとうな人間を増やさなければいけないと思うんですよね。
いまは何でも「数値」で測ってばかり。今日もある番組で「カジノ法案の審議時間が○○時間。もっと審議しないと」と言ってましたが、審議時間が長くなればそれでOKなんですか? まさか! 長かろうが短かろうが質の高い議論をすることが肝要なはずなのに。

少子化問題を解決するには、まず行政がいろんな問題を解決するのが先でしょうし、すべて解決できたとしても、子どもの「数」のみを基準にするのはおかしいと思います。5歳の子を虐待死させるような人間を育ててしまったら恐ろしく生産性が低いということになるだろうし、杉田水脈のような国会議員が陸続と生まれてしまったら、いくら人口が増えてもこの国は沈むしかないでしょう。