欧州チャンピオンズリーグ決勝で、レアル・マドリードがリバプールを3-1で降し3連覇を達成したのはまだ記憶に新しいところ。とはいえ、もう過去のことですね。ジダンは電撃辞任しちゃうし。世間はもうワールドカップの前騒ぎで賑わっています。

そんな「過去」の出来事にいまだにこだわっている人が一人だけいます。3失点のうち2失点で重大なミスを犯したリバプールのゴールキーパー、カリウス。


img_cd79f5867bf28d66228a51bcc335d7fd163825

何でも、ベンゼマの1点目の2分前にゴール前に上がったセルヒオ・ラモスに肘打ちされて脳震盪を起こしていたとか。映像を見ると、確かにラモスの肘が強く当たってますね。ただ、あれもサラーと転倒した場面と同様、「わざと」かどうかはどこまでもグレーゾーンのように思います。どうしてもラモスだから「わざと」に見えるけど、勢い余ってるだけのようにも見える。

ただ、もう試合が終わって10日もたってるんだから「わざと」かどうかなんて問題じゃないでしょう。

問題は、現在も後遺症が認められるほどの脳震盪を起こしていたのであれば、なぜファウルを訴えるだけじゃなく治療を求めなかったのか、ということです。

ゴールキーパーが負傷したら治療が完全に終わるまで試合は止まります。なぜそうしなかったのか。ベンゼマにしてやられたのは肘打ちの直後でも、ベイルの3点目はそれから30分以上たってからですよ。その間、かなり重い脳震盪を放置したままプレーしていたんですか? ありえない。

試合が終わったあと、サポーターに号泣して謝ってましたよね。ラモスのせいで脳震盪を起こしたいたのならなぜ泣いていたんですか? 泣いていたということは自分の責任だと自覚していたんでしょ?

カリウスには殺害予告が届いているとかで、いくら何でもそんなことはやめてほしいし、そういう卑劣な連中から自分を守るために脳震盪を主張した、という気持ちはわかるけれども、やっぱりいまごろそれを言われたって「なぜ試合中に適切な処置を取らなかったんですか?」で終わっちゃうじゃないですか。交代することだってできたわけだし。

厳しい言い方をさせてもらえば、そんな言い訳をするような選手だからあんな大失態を犯してしまったんじゃないんですか? 
殺害予告をするような奴も許せないけど、カリウスも許せない。セルヒオ・ラモスの肘打ちがもし故意のものであったとしても、試合が終わって10日もたってからこんな主張をするカリウスのほうが悪質だと思うというのが正直なところです。

タイミングが悪すぎる!