おとといでしたかね。
私が使っているフリーメールサービス、エキサイトメールにログインすると、「重要」と物々しい感じでお知らせが載ってました。

excite-ending

うーん、そうなんですか。周りにもエキサイトメールを使ってる人ってほとんどいないので、こういう日がいつかは来るんじゃないかと思ってましたが。
メールサービスを維持するのにどれだけの人手や手間、お金がかかるのか知りませんが、終了ということは結構な赤字だったということなんですね。やっぱり。

6月にはアドレス帳などをダウンロードできるようにしてくれるらしいですが、まぁ私の場合、こないだGoogleアドセンスの審査をお願いするときにgmailのアカウントを取得しているし、そのときに登録アドレスは全部コピペしてあるから大丈夫ですが、そんなことより、ネットを初めてもうそろそろ20年になりますが、始めたときから使っていたエキサイトメールがなくなるというのはものすごく淋しいというか、戦友を亡くすってこんな感じなんだろうかと感慨深いものがあります。

さて、なぜ私がこんなマイナーなメールサービスを使っていたかといいますと、メールアドレスの取得の仕方を教えてくれた友人がそのときエキサイトを使っていたからなんですね。

もともと根がアナログ人間の私は、脚本を書くための調べものもほとんど読書でやっていました。その友人は「ネットのほうが便利だし大量の情報を得られる」と教えてくれたんですけど、別にいいよそんなのは、と消極的でした。するとその友人はわざわざ家まで来てアドレスの取得の仕方を教えてくれたんですね。

どうも私には「他人におせっかいを焼かせる才能」があるようです。映画の専門学校に入ったとき、すぐ仲良くなった友人がスプラッターの大ファンで、私はその手の映画が大の苦手だったんで『悪魔のいけにえ』を見ろ見ろと薦められても拒否してました。するとその友人がわざわざビデオをレンタルしてきて又貸ししてくれたんですね。規約に違反してまで見せたいの? その心意気を無駄にしてはいけないと見てみたところ……これが大当たり! それ以来スプラッターが大好きになってしまいました。

閑話休題。
私はコンピュータとかできれば敬遠したい人間なので(いまもそうです)パソコンというものをもっていませんでした。脚本もワープロで書いてましたから。というわけで、親父がもっていたパソコンでエキサイトメールのアドレスを取得したのでした。

それを機に、いろんな情報をネットで仕入れるようになり、なるほど、これは便利だわいと重宝してます。強引に教えてくれた友人には感謝してもしきれません。彼がいなければ、いまこうやってブログを書いていることもなかったかもしれない。

いろんな会員登録してるサイトでアドレス変更の手続きをしないといけないし、それに何かgmailって使い勝手悪くないですか? いまはGoogleからのメールしか来ませんけど。9月以降になっても新しくメールアドレスを記入するとき、ついエキサイトのアドレスを記入してしまいそう。

というわけで、エキサイトメールのサービス終了というのは、「ついに」「やっぱり」という思いはあるものの、そうはいってもやっぱり悲しいニャ。