話題沸騰中の、スポーツカイロプラクター仲野広倫さんの『世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ』(アチーブメント出版)を読みました。




完全同意する点
まずは完全同意する点を箇条書きしてみます。

①本書のエクササイズをしていて「おかしいな」と思ったらすぐ中止して医師に相談する。
②どんな治療もそのうちの2割は「プラシーボ効果」と言われている。
③医師から「筋肉をつけなさい」と言われたら、まず自宅で地道にスクワットをすること。
④普通の腹筋運動、背筋運動は腰を痛める。
⑤足腰を強くするためには、一日一万歩歩くより週に2回のスクワットのほうが効果的。
⑥自分の体を治すのは自分自身。医師はその手助けをするだけ。

ざっとあげるとこんな感じでしょうか。

①について補足をすると、間違ったフォームでエクササイズをしていると痛みの原因になります。高校時代バドミントン部で一日1000回素振りさせられていたんですが、間違ったフォームでやっていた友人は肩と肘を痛めてしまいました。鉄は熱いうちに打て。初期の時点でフォームを正すのは大事ですね。

②のプラシーボ効果(偽薬効果)に関しては、私などはもっと割合が大きい気がします。ほとんど気分で生きているので。ただ、この著者は「気分」というものをあまりに過小評価しすぎのような気がします。(これについてはあとで詳述します)


目から鱗だった点
「長年、運動してなかった人が骨粗鬆症の予防として始める運動は何か」という問題の答えが、「負荷の軽い水泳」ではなく「おもりを使った筋トレ」だということ。

この本の最大のキーワードは「機能運動性」で、寝ている状態が最も機能運動性が低い。機能運動性は筋肉を鍛えることによって得られると何度も説かれます。水中では体重が軽くなるので全身の筋肉に負荷がかからなくなり、筋肉が衰える、つまり機能運動性が低くなってしまうとか。これには驚きました。

が……


まったく納得できなかった点
rei28-5

開脚や前屈ができることのメリットは、ズバリ「開脚や前屈ができる」ということだけ。

ん? ほんとに???

確かに、機能運動性という観点からはそうなんでしょうけど、人間の体ってそれだけじゃないでしょ。

以前読んだ本に、股関節を柔らかくすると、一番太い血管のある腰から大腿部にかけての血行がとてもよくなる。リンパ節の働きもよくなるから免疫力も上がる。疲れが取れやすくなる。って書いてありましたけどね。(その本に書いてあることが間違いという人もいるかもしれませんが、それを言ったらこの本に書いてることも……ということになってしまいますよ)

この本は「疲れないカラダ」と銘打っているのに「免疫力」という言葉がまったく出てこないのには異議申し立てせずにはいられません。

それに前述の「気分」。

著者はアメリカで開業していて、患者さんはみんな超高額の医療費を払っているから、各自レントゲン写真やMRIなどの画像を持参してきて、「あんたに治せるか」と迫り、原因は何か、どういう治療が効果的か、その理由は、などなど根掘り葉掘り聞いてくるそうです。でも日本の患者はそこまでの意識がないと嘆いてますが、何でもかんでも「アメリカが一番」みたいに言うのは日本人の悪い癖だと思う。

著者の、骨のずれを治すと謳っている整骨院や鍼灸院は意味がないという主張にはほぼ同意します。骨がずれてるんじゃなくて関節がずれてるだけ、そのずれを治しても筋肉の使い方が間違っていたらまたすぐずれてしまう。それもそうでしょうし、闇雲にもみほぐして終わりなんて「医療」じゃないというのもそのとおりでしょう。

でも、「気持ちいい」「楽になった」は意味がないというのはどうなんでしょうか。

私はもう1年以上前から整骨院に行かなくなりました。その整骨院では、この本に書かれているのと同じような「正しい筋肉の使い方」を教えてくれたので、それを実践してきたことがまず一つ目の理由。二つ目は、テレビで筋膜ストレッチや骨ストレッチなどのやり方を見て、それも実践すると整骨院に行かなくても簡単に肩こりが治るとわかったことです。

著者に言わせれば、筋膜ストレッチなんかも対症療法に過ぎないということなんでしょうか。ストレッチにはあまり意味がないって何度も書かれてますしね。もっと根本から治さないといけないということ? 確かにそれはその通りでしょうが、ストレッチをして感じる気持ちよさを私は捨てたくない。そして正しい筋肉の使い方では同じ快感は得られない。

著者はプラシーボ効果をネガティブなものと捉えていますが、なぜでしょう? プラシーボ効果って偽の薬でほんとに治っちゃうんでしょ? 仮に治った気がするだけでも別にいいと思う。何でもかんでもアメリカ人のように合理的に考えることだけがすべてではないでしょう。

というか、この著者は「考えすぎ」じゃないですかね。肉体の専門家なのに体で感じる気持ちよさを否定するというのがまったくわからない。体で感じずに頭だけで考えている。

少なくとも、私はこの人に診てもらいたいなんて少しも思いません。
それから、『究極の疲れないカラダ』という題名は「看板に偽りあり」だと思います。『機能運動性にすぐれたカラダ』とでもすべきではなかったでしょうか。