(承前)①TOKIO山口達也の事件をめぐって
   ②薬を飲むのは自発的な行為か


激情に駆られている人は「強制」の状態にある
山口達也の事件について、多くの人が「酒で傷んだ体を治すために入院していたのに、退院したその日に焼酎一本空けてしまうなんてけしからん」「酔っぱらって前後不覚の状態だったと言ったって、飲んだのは山口自身じゃないか。自業自得だろう」とかいろいろ意見が飛び交っています。

それらはどれも正論なのでしょうが、中動態の観点からすると、山口達也も彼を批判する人たちも同じ「強制」の状態にあるのです。山口は酒という外部の刺激に圧倒されて猥褻行為に及んでしまったし、彼を批判する人たちも、山口達也の愚行という外部の刺激に圧倒され我を失っています。彼らはみな「まったき強制」の状態にあります。


松岡昌宏の会見
13224eb3

TOKIOの他の4人の会見で、特に松岡昌宏の言葉に感動した、という人が大勢います。私も感じるものが多かったですが、彼の言葉は、はたして「自由」(自分の本質の表現)なのか、それとも「強制」(外部の刺激に圧倒されている状態)なのか、はたしてどちらなのでしょうか?

私はどちらでもある、と思います。

『中動態の世界』の著者、國分功一郎さんは、中動態の世界では、まったき自由もまったき強制もないと言います。山口達也など依存症患者も、彼らを感情的に非難する人たちも、まったき強制の状態にあるわけだから、中動態の世界に生きていないことになります。

でも、松岡昌宏は中動態の世界に生きていると思うのです。それは「完全に自由になってもいないし、完全に強制の状態にも陥っていない」ということ。

松岡以外の3人は、どうもあまり自分の言葉で語っている気がしないんですよね。事務所からこう言えと文字通り強制された部分もあるだろうし、世間受けするためにはどういうふうに言うのが一番いいかという計算が透けて見えます。

松岡だって事務所からの指示はあったでしょうが、他の3人が芝居がかっているのに対し、彼だけは芝居に見えない。自分の本質を表現している。つまり「自由」の状態にある。とはいっても涙を流したり唇を震わせたり、激情に駆られている面も否めないから「強制」の状態でもある。

自由と強制のはざまで揺れ動く。まさに中動態の世界に生きているからこそ多くの人の耳目を集めたのでしょう。


post_23158_20180426

山口達也はボロボロ泣いているだけで、完全な「強制」の状態ですね。酒に強制され、自分が犯した罪に圧倒されてしまっている。一番ダメな状態です。
彼は、松岡昌宏のように、自分の本質を表現するように語らねばならない。いまは無理でも。


断酒会の意味
今回、断酒会というものの意味が初めてわかった気がします。
映画の中でしか見たことありませんが、同じ依存症患者同士で体験談などを語るのって、いったい何の意味があるのかいままでよくわかりませんでした。同類相憐れんでいるだけじゃないの? と。

でも、違うんですね。断酒会で体験談を語るのは治療にとても有効だそうです。

だから、やっぱり薬を飲むのは自発的行為ではないのです。医師に言われたから飲んでいるだけ。そして薬が効いている状態で酒を飲むと気持ち悪くなるから酒と縁遠くなる。それは外部の刺激に圧倒され「強制」に陥っているだけ。それだけでは酒は断てない。
かといって、強い意志をもつこともダメ。それは外部からの「やめるべき」という刺激に圧倒されているから。
酒を断つためには「自由」の境地が必要。

自由になるためには、強制と自由のはざまで揺れ動くためには、断酒会で体験談を話すのが有効なのですね。それも、心にもないことを言うのではなく、松岡昌宏のように自分の言葉で話す。自分の本質を表現するように話す。それが依存症克服のカギだと。

何だか当たり前の結論になっちゃいましたが、でも、自分の本質を表現するように周りが誘導するのも大事なのでしょう。だから、強い意志で克服しろ、とか、だからおまえはダメなんだ、と叱責するだけでは何の解決にもならない。

山口達也は松岡昌宏の言葉に応えないといけないと思う。せっかく仲間がお手本を示してくれたのだから。


自分自身の病気を考える
ならば、私自身はどうでしょうか。

いままで自発的に薬を飲んでいたけれども、本当は非自発的であることがわかりました。ずっと「強制」の状態にあったのですね。

もしかすると、脚本を書いていたのは自己の本質を表現するためだったのかもしれない、と初めて思い当たりました。そして、いまは脚本ではなく小説という形で自分の半生を徹底して批判的に書くということをやっている。それって強制の状態から無意識に自由を志向しているのかもしれない、などと。

いろいろなことを考えさせてくれた『中動態の世界』に感謝します。