umezawatomio

歯に衣着せぬ男、梅沢富美男が『梅ズバッ』で未婚ハラスメントをしたとか昨日ツイッターで見ました。

番組そのものは見ていません。ユーチューブにあるかなと思ったけれどなかった。でもまぁだいたいわかりますよ。ゲストの吉田羊と楠田枝里子に「何で結婚しないんだ」と言ったとかで、この人がどういう言い方をしたかくらいは見なくてもわかる。

あらかじめ断っておくと、私はこのオッサン好きですよ。もしかすると、クリント・イーストウッドが2年前の大統領選挙のとき「みんなポリティカリー・コレクトネスにはうんざりしているんだ。だから俺はトランプに投票する」と言ったのと同じかもしれません。
私はトランプは嫌いでしょうがないけど、梅沢富美男は大好き。言いたい放題だけど嫌味がない。でも、嫌味があるかないかという感じ方は人によって違うのでしょう。

で、当のツイート主の主張は、「なぜ結婚しないんだ」という未婚ハラスメントが昔から横行していて、もういいかげんやめてほしい、というものでした。

わからないではない。私もこの歳で未婚だから「なぜ」とか「同い年の人はみんな結婚して子どももいる」とか言われるともちろんいい気はしません。でも、それをハラスメントだとかこの世からそういう発言をなくすべきだとか、そんなこと思ったことないです。

人間は言葉でコミュニケーションを取る生き物で、言葉が刃物になることがある。誰のどんな言葉だって刃物になりうる。だって相手が何を嫌がるかは当人にしかわからないから。

繰り返しますが、私自身は「なぜ結婚してないの」と言われるのはいやです。いやだけれどハラスメントだと告発するつもりはない。私が相手を知らず知らず傷つけていることも多々あるだろうし。もし結婚したら未婚の人に「なぜ結婚しないの」って言っちゃうと思うし。

そう、人間は刃物となりうる言葉でコミュニケーションを取るのだから、常に心を傷つけたり傷つけられたりという状況にある。

どうも最近の人たちは傷つきやすくなっていませんかね? ツイッターでも「自分の好きな映画をけなされるのがすごくいや」と言ってる人たちがいます。好きな映画を否定されると自分が否定されたように感じるんですって。そんなの単に感じすぎなだけしょう。

「なぜ結婚しないの」はハラスメントだと思います。だけど、すべての言葉がハラスメントになる可能性がある以上、ハラスメントを完全追放するのは不可能です。



hage

私は禿げてますけど、自分からハゲを笑いのネタにするから周りは逆に安心するそうです。それはおそらく、この人には少々のことならハゲハラにはならない、というサインになるからでしょう。それぐらいハラスメントということに対して言われる側はもちろん、言う側もセンシティブになっている。

そりゃ私だって、こちらが笑いのネタにしているからといって度を越した言葉や笑いにはいやな気がしますけど「人間はそういうもの」と思ってやり過ごしています。やり過ごせばいいだけの話じゃないの? 

すべてのハラスメントをやり過ごすべきだと言ってるんじゃないですよ。やり過ごせないほどひどいなら、「おっぱいもませて」の事務次官や「このハゲーーーー!」の議員の例みたいに録音して訴えて社会的制裁を受けさせるべきでしょう。でも「何で結婚しないの」ぐらいの言葉がそれに該当するとは思えない。

どうもいまの世の中は、「どこまでもクリーンでなければならない」という強迫観念が蔓延していると思う。少しでも心地よくないものはこの世から追放しましょうと。

抗菌グッズの売り上げを表す折れ線グラフと、アレルギー患者の増減を表す折れ線グラフは完全に一致するそうです。

過ぎたるはなお及ばざるがごとし。きれいすぎるのも問題なのでしょう。

いまの日本人は「自分は被害者になる可能性がある」ということをデフォルトにしています。それでは片手落ちで、「被害者になる可能性もあるし同時に加害者になる可能性もある」というのをデフォルトにしないといけないと思うのです。