スティーブン・スピルバーグの新作『レディ・プレイヤー1』。
昨日は興奮して絶賛記事を書きましたが(→こちら)今日は不満に思ったことをひとつ。


readyplayerone-samantha (1)

主人公ウェイドと恋に落ちるサマンサの顔の痣なんですよね。いや、痣があること自体がいけないのではないし、美しい顔が台無しだとかそういうことでもありません。

ジャッキー・チェンの確か『香港国際警察/NEW POLICE STORY』だったと思うんですが、顔に傷ができた恋人に「そんなのたいしたことない」とジャッキーがプロポーズしてめでたく結婚します。

私は正直な話、ウッソーーーー! と思いました。

『レディ・プレイヤー1』でも、顔に痣があることを気に病むサマンサに対し、ウェイドは「そんなことぐらい」とまったく気にしない感じで、ラストでキスしまくる場面でもまったく意に介していない。

私はここが不満なのです。

昨日の激賞文では「昔から語り継がれてきた『友情』『愛情』を大事にする」という通俗的なテーマが大変いいと書きました。この「人は見た目じゃない」というのもそれに属するものかもしれません。

しかし、、、

街中でたまに顔に傷痕ややけどの痕のある人を見かけますが、そのときハッとして目をそらしませんか? 「見てはいけないものを見てしまった」という感じで。

傷のある顔、特に女性の顔の場合は見るだけでものすごい罪悪感に駆られるんですよね。おそらく見られたほう、というか、目をそらされたほうも傷ついている。見知らぬ者同士でも多大なストレスに見舞われるのに、それが恋人同士とか夫婦とかだと毎日顔を合わせるわけだから相当なものでしょう。少なくとも私はその罪悪感に耐えられる自信がない。

確かに人は見た目じゃないけれど、この映画ではそこについて深く考えた形跡が少しもない。

愛する人の顔の傷や痣に耐えられるか否か。というのは、それだけで1本の映画や小説のテーマになりうる深いものを孕んでいると思う。それを「人は見た目じゃない」という一言で片付けてしまうのはいかがなものか。

考えた末に「人は見た目じゃない」となるなら、ぜんぜんいいんですが。