吉高由里子が新米検事を演じる『正義のセ』。

先週の第1話は、あまりに青臭さが前面に出すぎてて、「青臭さを失ったら人間おしまい」と思っている当方としてはうれしい反面、ちょっと戸惑いもありました。

だって、、、


危惧
seiginose2

この人、検事に見えないでしょ? 窮地で抜群の頭の良さを発揮したりしますが、本当に司法試験に合格した人間なんだろうか、と。

でも、そこは吉高由里子。持ち前の天然キャラを最大限に活かして、そのような不自然さをギリギリで回避しています。これからのお約束になりそうな「トイレでの頭がんがん絶叫」もこの人らしくて面白い。

ただ、第1話を見たかぎりでは、このまま「新米検事のお仕事ウロウロ奮闘記」でずっと行くとしたらきついな、見るのやめてしまうんじゃなかろうか、と危惧していました。

しかしそれは昨日の第2話で雲散霧消しましたね。

第1話ではパワハラ上司の傷害事件という比較的軽い事件でしたが、第2話は「もう?」と思いたくなる殺人事件。ここで殺人事件をもってきたということで凡百のお仕事ドラマにはしないぞ、という作者たちの意気込みが見えた気がします。


絶妙なプロットポイントⅠ
全10話と仮定した場合、もし最後まで純粋なお仕事ドラマで行くなら、第2話はもうちょっと重めの事件にして、第3話でいよいよ殺人事件ということになるのが普通でしょう。三幕構成で言うところのプロットポイントⅠで大きな事件を扱う、つまり、新米検事が飛躍するきっかけとして殺人事件が扱われることになったであろうと思われます。

しかし、第2話で主人公に突きつけられた殺人事件が「家族」に関するものだったことでこのシリーズ全体の行方ががらりと変わったように思います。彼氏との遠距離恋愛に悩み、未婚であることを気に病んでいるアラサー女性である主人公が、事件を解明していく過程で「家族とは」「夫婦とは」ということを考えざるをえなくなる。そのための殺人事件。検事として飛躍するためのエピソードではなく、一人の独身アラサー女性にとって考えさせられる事件となっていました。

寄生している実家の豆腐屋を妹の広瀬アリスが継ぐと言い出して親子喧嘩になったり、そしてこの人も家族のことで悩んでいる。


seiginose3

安田顕があまりにいい味出しすぎで、いっそこの人を主役にしたスピンオフドラマを見たいとすら思わせる名演ですが、この小姑みたいな事務官も家族のことで悩んでいる。

つまり、『正義のセ』と謳っている以上、あくまでも表面上は「新米検事のお仕事ウロウロ奮闘記」で行くんでしょうけど、それと同じ比率で家族や結婚といったテレビドラマらしい身の回りの小さなお話が描かれるんじゃないか。もしかしたらそっちのほうがメインプロットかも、と。

映画でそういうせせこましい話は好きじゃないですが、テレビドラマではそういう「小さいけど大事なこと」を語ってほしいと常々思っている私としては、第2話を見てものすごくうれしくなり、これは最後まで見られそうだと安堵した次第です。わざわざ広瀬アリスを配しているんだから、あの妹の話もまだまだ絡んできそうだし。(ただそれが見えてしまうキャスティングはいかがなものか、とは思うものの)

来週は結婚詐欺師の話らしいから、「主人公の結婚」が全体のプロットポイントⅠになるようです。

そうこなくっちゃ!