nishibe

先日亡くなった西部邁さんの自殺を幇助した疑いでTOKYO MXの子会社の社員で西部さんの死生観に共鳴していた男性が逮捕されたというニュースを見て、反射的に森鷗外の『高瀬舟』を読み返しました。(『高瀬舟縁起』を合わせても20ページしかないからすぐ読めますよ。できるだけ多くの人に読んでもらいたい)

ある男が、一緒に生活する病気の弟が「自分がこのままだと兄さんが幸せになれない」と言って首を掻き切って死のうとするが、切り方が悪く死にきれず「このままでは苦しい。刀を引いてくれれば死ねる」というから仕方なく引いてやった。とどめを刺したのは兄のほうだが、はたして本当に彼が悪いのかどうか、というお話。

苦から救ってやろうと思って命を絶った。それが罪であろうか。殺したのは罪には相違ない。しかしそれが苦から救うためであったと思うと、そこに疑が生じて、どうしても解けぬのである。

と鷗外は疑問を投げかけて小説は終わります。

すっかり忘れていましたが、この弟がなぜ死にきれない状態になったかというと、はっきりとは書かれていませんが、弟は自分さえ死ねばと思いながらも死ぬのが恐かったからです。一思いに喉笛を刺し貫けば死ねるものを恐くて手が震えるものだからすべってしまってうまく刺せなかった。だから兄さん、あんたが最後のとどめを……

私自身、自殺を図ったことがあります。

もうかなり昔のことですが、手首を切って死のうとしたのでした。しかし恐くてうまく切れない。うまく切れない状態が長く続くとだんだん恐くなって死ねませんでした。あのとき手助けしてくれる人がいたら、間違いなく死んでいたでしょう。

ならよかったじゃないか。

と平気で言える人とはたぶん一生わかりあえない。

あのとき手助けしてくれる人がいたら、私は喜んで死んでいったはずだから。

西部さんが主張していた「自裁」とはそういうことでしょう? 死が生より不幸だなどと、いったい誰に決められるのか。

私や西部さんの場合はわからないにしても、はっきり死のほうが幸せだったと言える人がいます。

私の祖父は晩年、毎日生き地獄を味わっていました。

寝たきり生活のため、背中や腰、太ももに至るまでひどい褥瘡ができ、ご飯を食べるために起き上がろうとするとき痛みのために悲鳴をあげていました。席に座るときも悲鳴を上げ、食後ベッドに戻るためにまた悲鳴を上げなくてはいけない。死なせてあげられるならそうしてあげたい、と思ったのは私だけではないはず。

もし自分が歳を取って毎日悲鳴を上げて生きねばならないとしたら、誰かに殺してほしいと思うでしょう。それを否定できる人がいますか?

それを「法だから」の一言で片づけてしまえるのなら、安楽死を認める「法」を作るべきではないのか。