裁量労働制についてはデータがあまりに適切でないということで(適切でないどころか詐欺でしょう。あれで政権崩壊しないのが恐ろしい)内閣は引っ込めましたが、何で労働者を苦しめるような法律を作るのかまったく理解できないでいると、昨今のペットブームと結びつきました。


6c12baa7
裁量労働制って労働時間に関係なくあらかじめ労使の間で「これだけの仕事ができたらこれだけの給料を支払う」ということですよね。つまりは、もう結構前から経済界のみならず教育界などグローバル社会を席巻している「成果主義」が根っこにあるわけですな。

しかし、それなら「これだけの仕事」をこなせなかったら残業につぐ残業をせねばならないわけですよね。「残業の上限100時間」というアホみたいな案はそこから来ているのでしょう。

『アリとキリギリス』の童話では働き者として知られるアリさんですが、実際に働いているのは8割で残りの2割はぶらぶら遊んでいる、というのはつとに有名です。で、その2割を除いて残りの8割だけで働かせたらそのうちの2割が働かなくなってしまう、というのも有名な話ですね。

職場には仕事のできない人が必ずいます。それは裁量労働制になじむ業種・職種かどうかにかかわらず必ずいます。でも、仕事はできないけどあの人がいると場が明るくなる、とか、仕事はしないけどたまに錆びついて開かなくなった窓を怪力で開けてくれる、とか、その人を肴に悪口を言うことでストレスを発散できる、とか、そういう人たちでもいろんな役に立っているわけで、成果主義というのは「そういう人」を「無価値の人間」と見なすというまことに非情な考え方なわけです。

2割の仕事ができない人・しない人がいるから職場、ひいては社会というものは成り立っているわけで、それを否定したってアリと同じく新たな仕事しない人を生み出すだけでしょう。ニートって結局、成果主義を導入した当然の帰結だとも思うんですよね。

で、ニートは否定したい、生活保護を受けている人も否定したい、とにかく仕事を猛烈に頑張っている人間しか「人間」と認めないという世の中になってしまいました。

そこで世の人々が目をつけたのが、↓このような怠け者たちです。


a8491092
これはうちの実家の愛犬ですが、こいつだけは絶対に許せないと思うほど何の役にも立っていない。

しかしながら、犬や猫を飼ったことのある人なら誰でも思ったことあるでしょうけど「こいつみたいになれたらいいなぁ」と思うわけですよ。だって食って寝てればいいんですから。成果主義のおかげで疲弊した人ほどペットに感情移入し、そして癒されるのでしょう。

ペットブームの背景には、少子高齢化で独り身の老人が唯一の家族として飼う人が急増した、子どもがいないから代わりに動物をという人が増えた、というのもあるんでしょうけど「役に立たない人間」を人間扱いしない思想というのが根底にある気がしてなりません。


161208_1603-01

こんなつぶらな瞳で見つめられたら……癒されない人なんかいないでしょう。
でも、あなたの職場の「できない君」にもこういう要素がひとつはあるはずなのです。