先週の日記では「ロナウドが心配」などと書いてしまいましたが、それは杞憂でしたね。
というか、やはり先週までのロナウドはシュートをためらうシーンがあった。好調ではなかったと思うんですよ。で、パリ・サンジェルマン戦でもPKとたまたま膝に当たったボールがゴールという幸運な得点で、ハイライトしか見れてないのでよくわかりませんが、復調したとは言えない感じでした。イスコばっかり絶賛されてたし。
でも、どんな形であれFWにとっては「ゴール」というのが一番の薬になるんですね。私はハーフだったからそのへんの機微がよくわかりませんが、今日は裏への飛び出しのタイミングがやや早かったくらいで、ゴラッソも決めましたしもう完全復調ですね。


DWWTjBDXkAIi46l

ところで、アセンシオとルカス・バスケスが大活躍だった今日の試合、スタメンを見て驚きました。バランを休ませるのはわかります。でもクロースが怪我でいない中盤にモドリッチも休ませるの? と。さらにマルセロは休ませてテオだろうと思っていたら違っていました。去年もマルセロは出ずっぱりの状態が続いて怪我しましたよね。今日も同じことが。

ナチョのオウンゴールも疲労が原因だと思うんですよね。確かにバランも怪我しがちだから休ませなきゃいけないんですが、ナチョも先週のソシエダ戦は休みをもらったけどあとほとんど出てるでしょう? バジェホが使えない状態では致し方ないし、オウンゴールぐらいならいいけれども怪我が恐いんですよね。カルバハルのバックアップとしてアクラフはもう使わないだろうし、マルセロも怪我したとなると、ディフェンスラインのすべてのバックアッパーとして計算しないといけない。ナチョは大好きな選手なのでうまいこと休ませてあげてほしいな。カンテラに活きのいいセンターバックか左サイドバックはいないのか。

しかし、どちらも攻撃力が自慢だけど守備がもろいチーム同士の対戦らしく撃ち合いになりましたが、勝ててよかった。

というか、1か月前、レガネスに負けて国王杯敗退したとき「ジダンを解任せよ!」という日記を書きましたが、どうにも私はこのジダンという監督がよくわかりません。選手としてはすごかったのは誰の目にも明らかですが、監督としてはよくわからんのです。


2017-03-08-zidane-real-madrid_1dppyvryho4h1bbba1t0uxqdn

アセンシオのゴールで幸先よく先制したかと思えば簡単に逆転を許す。ここまではいつものことだから別にいいんですが、前半終了時点ではだいぶ劣勢でしたよね。普通ならイスコかモドリッチを入れると思うんですよ。ベイルがぜんぜん覇気のないプレーに終始してましたし。

が、後半の蓋を開けてみると選手交代なし。え、マジで!?!?

それが、CKからセルヒオ・ラモスのヘディングですぐ追いついてしまい、さらにアセンシオの2点目で逆転。

やはりジダンは「もっている」のだろうか、と思いました。

だって、コーナーキックからラモスのゴールって普通は「やはり彼は勝負強い!」ということになるんでしょうが、今日のあのゴールはあまりにベティスの守備がお粗末でした。誰も競ってない。
アセンシオのゴールをお膳立てしたカルバハルのドリブルも、メッシのように意図的に相手の股を抜くとかじゃなくて、たまたま股を抜けた、相手の足に当たったボールがたまたま自分の足に当たって抜けた、みたいなほとんど運のいいドリブルでした。クロスを左足でうまくファーサイドに流し込んだアセンシオの技術はさすがの素晴らしさでしたけど。

しかもロナウド完全復活の4点目が決まったかと思ったら85分に1点差に詰め寄られ、ホアキンのFKなどヒヤヒヤした場面もありましたが、最後の最後で入れたベンゼマがこれまた復活ののろしになるかもしれないファインゴール。あれも運ですよね。だって相手のバックパスがミスになってベンゼマの足元に転がってきたのが起点ですから。

結果的にモドリッチを完全に休ませることができ、マルセロの怪我とやる気のないベイルだけが心配ですが、何だかんだで次のレガネス戦に勝てば3位浮上。もう優勝はないとはいえ、いい感じに状態が上がってきている印象。

ハーフタイムで誰も交代させなかったのは、「俺は先発させたおまえたちを信じているよ」というメッセージだったんでしょうか? それで簡単に逆転? うーん、やはりジダンは「もっている」としか言いようがありません。