cd9db1a9


数学界の超難問とされる「ABC予想」を望月新一という数学者が証明したと世界を股にかける大ニュースになっています。

望月教授が2012年にご自分のウェブサイトに発表した論文にもちこまれたアイデアが相当独創的かつ難解だそうで、本当に証明できているかどうか査読するのに5年もの歳月がかかったとか。

私などはABC予想なるものの、いったい何が問われているのかがまずわからないのでこれがどれほどすごいことなのか想像もつきませんが、このABC予想が正しいと証明されれば、あの「フェルマーの最終定理」が一瞬にして証明されてしまうらしいです。それほどの「超難問を解決してしまう超難問」だったんだとか。

世界の名だたる数学者たちですら査読に5年もかかるわけですから、世間の耳目がもっぱら証明の内容よりも望月教授の人となりに集まってしまうのは仕方がありません。

そこで、「16歳でプリンストン大学に入学し、19歳で卒業、23歳で博士号を取得」という華々しい経歴ばかりが取り沙汰されているようです。


motizukisinnichi

「19歳で大学に入った俺はどうなるんだ」とか、「23歳で博士号なんて信じられない」「天才ってそういうものなんだ」とか羨望のまなざしが送られています。

しかしですね、望月教授が真に頭のいい人であることは疑いがありませんが、早熟であることだけを取り出して「天才だ」というのはちょっと片手落ちだと思うんですよね。


3289cf8b

頭脳が早熟ということは、肉体に置き換えれば「瞬発力がある」ということです。それも頭の良さのひとつでしょうが、はたしてそれだけなんでしょうか。

仮に、望月教授の証明文を一読しただけで「これは正しい」と理解しえた数学者がいたとしましょう。彼は間違いなく「頭がいい」。でもそれは瞬発力タイプの頭の良さです。

世の中には別のタイプの頭の良さをもっている人たちがいます。


hukakusensui

ABC予想は望月教授の証明が正しいと判断されたばかりですが、これからその証明がどれだけ精緻を極めているか、独創的であるか、ということを世界の数学者たちは理解していくものと思われます。いま高校生ぐらいの数学好きが大学を卒業するころには、「ドクター望月の証明を理解できないなんて数学者とは言えない」という論調が生まれている可能性もあります。

が、いま現在すでに数学者なのに望月教授の証明文の意味が少しも理解できず、数年後、世界の誰もが理解した頃に、まだ理解できない数学者がいたとしましょう。

彼は学界の笑い者になるでしょうが、20年後とか30年後に「ABC予想の応用にかけては世界一」と世界中から尊敬される存在になっている可能性が充分にあるのです。

彼には瞬発力はないけれど、持久力があった。その持久力で誰よりも深いところまで潜っていけたわけですね。これもまた「頭の良さ」。

望月教授のように誰もなしえなかったことをなしえるのも「頭の良さ」。本を正せば「ABC予想」という仮説を立てた人も頭がいい。

ざっくり分けただけでも頭の良さにはいろんな種類があるのだから、「あの人みたいに早熟じゃない」などと悲観することはないんじゃないでしょうか。

そもそも他人と自分を比較している以上、仮に世界一の天才でも幸せにはなれません。どうあがいたって人間の目には「隣の柿は赤く見える」のだから。