この10月期の連ドラは結構たくさん見ています。見始めた順に思ったことをつらつら綴ってみましょう。

『奥様は、取り扱い注意』
okusamafa0_1

これは面白くてもう4話目まで見ましたが、次が楽しみでしょうがありません。
ゲスト俳優がいろいろ問題を抱えていて、その問題を綾瀬はるか演じる某国の元特殊工作員にして現在ただの専業主婦が解決していくんですが・・・

事の顛末とかは予想通りに終わります。はっきりいってそこらへんは「つまらない」かも。

このドラマを傑作たらしめているのは脚本ではなく、ひとえに「綾瀬はるかが異様にカッコイイ」という一事に尽きるんじゃないでしょうか。

アクションを演じる女優は背が高くないと様にならないと改めて痛感しますね。立ち姿がカッコイイから何をやっても様になるし、決め台詞がちゃんと決まる。

西島秀俊演じる夫に何か秘密が隠されていそうで、そこにも興味が尽きません。


『陸王』
no title

これについては、『陸王』と『今からあなたを脅迫します』志が高いのはどっちだ!? を参照してください。私は昨日の第2話を見てリタイアを決意しました。

だって、「シルクレイ」という素材をどうしても使いたい役所広司と、その特許をもつ寺尾聰との葛藤劇でしたが、結局、敵失で、って拍子抜けしました。


『今からあなたを脅迫します』

685865_615

これも上記のリンクを見てもらえたらいいかと思うのですが、昨日の第2話では「主人公の心のあり方」が枷になってないなぁ、と不満だったんですよね。
だけど、ちゃんとラストに近藤正臣も出てくるし、武井咲のことを知ってるらしい袴田吉彦が出てくるし、主人公の心のあり方を枷にした本筋がいよいよ次週から始まりそうです。

ただ、脅迫屋の首領ディーン・フジオカがちょいとまぬけなのが玉に傷でしょうか。

あと、「考え事に耽るとおはぎをたくさん作ってしまう」というのが武井咲の大事なキャラクターのように描かれていますが、癖とか病気とかはキャラクターではありません。「キャラクター」というのは、何らかの出来事や相手のアクションに対し、どういうリアクションを返すか、ですから。


『監獄のお姫さま』
kangokunoohimesama

この作品で一番気になるのは、「脚本:宮藤官九郎」というクレジットは当然としても、プロデューサーの磯山晶が「企画・構成」になってることなんですよね。企画はともかく構成って何を? 脚本構成? それならクドカンの仕事では? 確かに過去と現在が複雑に絡まり合う構成にはなっているけど、あれぐらいの構成は脚本家の領分でしょう。しかも書いてるのは天下のクドカンですよ。磯山晶が何を構成しているのか明らかにしてもらいたい。

ただ、構成に気を使っているぶん、クドカン作品にしてはキャラクターがあまり立ってない気がします。とはいえ、菅野美穂がこれほど魅力的に見えるのは初めてです。

満島ひかりの芝居が少しワンパターンに見えるのはどうしてかな。というか、いくら彼女でも小泉今日子の前ではただのひよっ子でしかないということなのか。何てったってアイドルですから!


『民衆の敵 ~世の中、おかしくないですか!?』
minsyuunoteki

これは衆議院選挙に影響するからと、しなくてもいい忖度をして一週遅らせた影響なのか、先週の第1話があまりに速足というか、当選するまでがあまりに簡単すぎませんかね? 「時給950円で働く労働者」が選挙に打って出て当選するのは胸がすくんですが、その過程を本当だと信じられない。

今日の第2話は逆になかなか話が前へ進まないし、不要な回想シーンがあったり、何よりカメラ目線での説明セリフに辟易しまくり、途中でリタイアを決意しました。


『ぼくは麻理のなか』
bokumari

池田エライザ主演というだけで見始めました。
男と女の体が入れ替わるというアイデアは手垢にまみれていて古臭いといってもいいものでしょうけど、「すぐばれる」というのが味噌ですね。そして、「実は入れ替わりじゃなかった」というのも。

関西ではやっとおとといの深夜に放映開始だったので、いまはまだ期待できる程度。それにつけても、池田エライザがかわいい。


というわけで、6本見始めたなかでいまのところ生き残っているのは、次の4本。

『奥様は、取り扱い注意』
『今からあなたを脅迫します』
『監獄のお姫さま』
『ぼくは麻理のなか』

これって偶然にも私の女優の好みといってもいいんですよね。いや、決してそういう邪な理由で残しているわけじゃないんですよ。
本当に偶然でして。ははは。(汗)