1977年製作、中島丈博脚本、田中登監督による名作ロマンポルノ『女教師』を久しぶりに再見しました。

前回の『山の手夫人 性愛の日々』の神話的構造 に続く、ロマンポルノを神話的に読み解くシリーズ第2弾です。


女教師4



もう25年くらい前でしょうか、初めて見たときは、セカンドレイプ問題に日本の教育問題を絡めた傑作だと思いました。時を経たいまもその思いはまったく変わりませんが、これをジョーゼフ・キャンベルの比較神話学などを援用してこの物語を読み解くとどうなるか。

神話的に読み解くということは、誰が問題を解決するか、つまり「ヒーロー」は誰か、また、「問題」は何か、その問題の原因を引き起こしたのは誰か、『クリエイティヴ脚本術』の言葉を借りれば、「ホールドファスト」は誰か、ということになるのですが・・・


c29fe654


本当の「ヒーロー」は誰か
私は普通に主人公の永島瑛子がヒーロー(ヒロイン)だと思っていました。でも違いますね。彼女はレイプ事件の被害者であり、セカンドレイプも受けるかなり悲惨な人ですが、彼女が問題を解決するわけではない。

さて、その前に、この映画でドラマを駆動する「問題」とは何でしょうか。

永島瑛子がレイプされることではないですよね。それは問題を表面化させるきっかけにすぎません。

上の画像の樹木希林や蟹江敬三も噂に踊らされてセカンドレイプしてしまうひどい教師たちですが・・・



女教師1


やはり問題の原因はこの男でしょう。
レイプ犯・古尾谷雅人(まだこのころは「古尾谷康雅」ですが)の担任にしてレイプ事件の目撃者・砂塚英夫。目撃しておきながら、しかも教師のくせに事件の一部始終をニヤニヤと眺めていただけ。

実はもう一人、永島瑛子の恋敵の女性教師も目撃していたのですが、それは最初は明らかになっていません。最初に問題になるのは、久米明校長をはじめ、穂積隆信教頭、そして砂塚英夫が事件をうやむやにしようとしたことですね。一人、正義感の山田吾一が永島瑛子を擁護して警察に届けるべきだと主張しますが、聞き入れてもらえない。

結果として、教え子を誘惑したとあらぬ噂を立てられた永島瑛子は遠い北海道で自殺未遂を図るに至るのですが、教師からも生徒からもバカにされセカンドレイプの真っただ中で半狂乱になる様子を冷静に観察している男こそこの映画の「ヒーロー」です。



86c8defa

そう、レイプ犯の古尾谷雅人。

え、彼は問題の原因では? いやいや、問題の原因は事なかれ主義の久米明校長から卑劣漢・砂塚英夫までの教師たちでしょう。もう一人の目撃者たる女性教師・宮井えりなもそうでしょうし、永島瑛子の恋人・鶴岡修だってそう。

古尾谷雅人は、自分が起こした事件をなかったことにした教師たちを成敗する役どころです。
問題の真の原因ではないにしろ、きっかけを作った彼がヒーローに変容するところ、つまり悪の側からヒーローが登場するところがこの映画がいまでも新鮮な理由ではないでしょうか。

そこには、思春期特有の複雑な精神状態も絡んでいたはずです。自分が犯した罪を棚に上げ、その罪を隠蔽した者に怒り狂う。砂塚英夫と母・絵沢萌子がデキていることに息子として不潔感を禁じえないということもあったでしょう。


山田吾一の役どころ
そして大事なことは、一見ヒーローであるかに見えた正義教師・山田吾一が少しもヒーローでないことですね。

永島瑛子の弟が古尾谷雅人の写真を見せてほしいと山田吾一に頼みに行ったら、「それはできない」と突っぱねる。警察に届けるべきだと主張する彼ですら、被害者の弟に教え子の顔を見せるのはまずいと考えている。

警察にならすべてを明るみにするが、被害者の弟には隠す、というところに、山田吾一教師の「正義の限界」が見え隠れしています。彼は警察や法という権力には従順なのです。しかし警察に届けていない事件のことをいくら被害者の弟であっても話すことはできない。

「正義」を標榜する人間にありがちな陥穽ですね。彼は結局、正義ではなく「権力」が好きなだけなのです。だから、悪の側にいたはずの古尾谷雅人がヒーローとして生まれ変わる必要が出てくる。

ラストシーン、すべてが解決したあと(ほんとは何も解決してないのですが)山田吾一が永島瑛子に「あなたはもう一度教壇に立つべきです」と諭します。

昔はこのクライマックスに感動したものですが、いま見返すと、山田吾一のセリフがかなり空々しく響きます。ヒーローたらんとしながらもヒーローになりきれなかった、不良の古尾谷雅人にヒーローの座を奪われた者の負け惜しみに聞こえてしまいました。





永島瑛子


それにしても永島瑛子は美しい。
中盤、家に帰って弟が迎えてくれるシーンでの真っ赤なチョッキがすごくよかった。

関連記事
『天使のはらわた 赤い教室』は内部告発の映画である
『花と蛇』神々しい悪魔=谷ナオミ