麻生太郎がヒトラー云々の発言がもとで謝罪したのがおととい。もう旧聞に属することでしょうが、おとといは体調が悪かったので書けなかったのです。


ice_screenshot_20170830-204001

それより、これはゆゆしき事態ですね。
いや、麻生がこういう発言をしたことより、みんなが謝罪にまで追い込んだというのが。

だって、戦争の動機っていつだって「正義」じゃないですか。
自分たちはあの国にこんなにも苦しめられている、だからもう宣戦布告するしかない、と戦争するわけでしょ。

2013062701


ヒトラーだって「ユダヤ人が、共産主義者たちが我々の国を乗っ取ろうとしている」という危機感に駆られて戦争したわけでしょう? その危機感を共有する国民がいたわけでしょう? でなかったら、こんなに熱狂するわけがない。


ダウンロード

ちょいと前から問題になっているネトウヨたちだって、「日本は中国にこんなに苦しめられている。日本人は在日朝鮮人のためにこんなに割を食っている。だから…」ということじゃないですか。

ヒトラーだって、トランプだって、ネトウヨたちだって、動機は純粋な正義ですよ。

小池都知事が声明を出すのをやめたとかの、関東大震災での「三国人虐殺事件」。あれだって、「三国人が井戸に毒を入れた」とか何とかのデマが集団ヒステリーを呼んで起こったんでしたよね。集団ヒステリーって「自分たちは100%被害者」という信憑がなかったら生じない現象ですよ。

ヒトラーだって「ドイツ国民はユダヤ人と共産主義者、はては身体障碍者たちに被害を受けている」ということで大量虐殺しちゃったわけでしょう? あの頃のドイツ国民も大日本帝国臣民も集団ヒステリーに冒されていました。

その結果が悪いことは麻生だって認めてるじゃないですか。その結果からさかのぼって動機を客観的に評価するというのがどうにも解せない。

だって、当人たちが本気で「これが正義だ」と信じている以上、その正義の帰結としてどういう結果が生まれるかを見てみないとその動機の正邪は判定できないですよね。

これはもう「後出しジャンケン」です。

結果から動機をうんぬんするのは後出しジャンケン。逆にいえば、後出しジャンケンでないと、つまり不当なやり方でないと、動機の正邪を判定するのは不可能ということです。

私だって、麻生の「ナチスを見習うべきだ」という発言については許し難いと思うし、あの発言の主がいまだに副総理の椅子に座っているというのが不思議でしょうがないんですけど、今回の「ヒトラー発言」にかぎっていえば、謝罪するまで叩きまくったメディアや国民のほうに問題あり、と思います。




img_0


地獄への道は正義によって舗装されている。

というのは誰の言葉だったか忘れましたが、麻生に謝罪させた国民だって自分たちのことを「正義」だと思っていたんでしょう? だから集団ヒステリーに冒されたかのように謝罪に追い込んだんでしょう?

こういうことを書いている私だって「正義感」に駆られて書いているわけですよ。みんな「正義」の旗印のもとに行動している。自分は邪悪だ、と認識して邪悪なことする奴なんかいますかね?

このようなことがまかり通るということは、日本は地獄への道を突き進んでいる、ということでは?