白人至上主義の暴動に対してトランプが「どっちもどっち」的発言をして非難され、一方でオバマが誰でも言えるようなツイートをしてツイッター史上最多のいいねを獲得したとか。

そういう国内事情を踏まえてなのか、アメリカで「50人の偉大な黒人スポーツ選手」なるものが載ったウェブサイトが公開されたそうです。

上位3人はこの人たち

1位 マイケル・ジョーダン
5223fe2319639


2位 ジャッキー・ロビンソン
img_0


3位 モハメド・アリ
img_1


人種の壁に立ち向かったロビンソンやアリよりもジョーダンが上というのに納得がいかない人が多いとか。
また、50人の中にはタイガー・ウッズが入っていないらしく、いくらいろいろ問題を起こしたとはいえ、歴史的な選手なのだから入っていないのはおかしい、という意見もあるそうです。

まぁ、こういうのは映画のベストテンと同じで人それぞれ意見が違って当たり前なので、私は何とも思いません。

思うのは、こういう黒人に特化したランキングは「差別」だということです。

黒人を称揚しようと思ってのことなのは重々承知していますが、でもやはり、「黒人」と十把一絡げにするのは差別でしょう。

「女」とか「ユダヤ人」とか「障碍者」とか、一人一人または全体を見ずにカテゴライズすることが差別の本質なのだから。

こういう記事に対して「いや、あの選手が入っていないのはおかしい」と反論するのは「筋違い」だと思うんです。