亀市早苗さんというフリーライターの著した『人はなぜ不倫をするのか』を読みました。

去年のベッキーや乙武君をはじめ不倫だけで叩かれまくる人を見て違和感を覚えた著者がさまざまな学者たちに「人はなぜ不倫をするのか」を問うたインタビュー集です。


o0480064013722930667


画像の帯にもあるように、学者たちは誰一人不倫を否定しなかったんですね。

自分の遺伝子を少しでも多く残すためには一夫一婦制がそぐわないという生物学者もいれば、不倫は結婚していることが前提だけれど、結婚という「生涯この人としかセックスしません」という誓いをそもそもなぜしてしまうのか理解できないというフェミニストもいれば、恋愛なんてたかだか脳のバグにすぎないと身も蓋もないことを放言してしまう脳科学者もいます。

一番興味深かったのは、宗教学者の島田裕巳さんの意見ですね。

島田さんによると、

「敗戦までは姦通罪というのがあって法律で不倫は禁じられていた。それは不倫した女性だけを罰するもので妻子ある男性が不倫しても罪には問われなかった。その根底には家父長制があり、そのさらに根底には仏教、キリスト教、儒教の姦淫を禁じる宗教があった」

「しかし、いまの日本に宗教はない。宗教がないのに社会をまとめるには人の動きを止める必要があった。日本では副業をもつことを禁じる企業が多く、これは世界的に見てまれなこと。周りが納得する理由がないと転職してはいけないという暗黙の了解もある。それらは『神』ではなく『会社』に忠誠心をもたせようとしてできた戦後の新しい『世間体』だ」

「そうやって社会が流動的になるのを嫌う社会ができあがり、自由に動き回る人を『信用できない』と自然に思わされるようになったのがいまの日本人だ」

ここで著者によるまとめ(終章)を援用すると、

「古代日本では一夫多妻制だったうえに、招婿婚・妻問婚という社会制度だった。夫がいつも本妻の家にいるわけではなかった。夫が他の女性の家に行っているとき、別の男性がその女性の家に来ることもあったり、男性が恋人の家に行くとすでに別の男性が来ていることもあった」

という、かなり流動的な社会だったらしいのです。

じゃあ、なぜ現代の日本は流動的な社会を嫌うようになってしまったのか。

ここでまた島田裕巳さんの意見に戻ると、

「その理由に、学校の掃除があると思う」という意外な答えが!





115016


「日本では宗教が廃れ、共同体(世間体)の力も弱くなった。その結果としてすべてを学校に集約せねばならなくなったのでしょう。学校では軍隊のごとく徹底的に集団行動を取らされる。その象徴が掃除です。さぼれば叱られる。幼い頃から『みんなのために』を強要されるんです」

「いまの日本は社会全体が『学校化』していると感じます。少しでも集団のルールから外れると叩かれる。宗教や共同体の規範がなくなったがゆえに、個人の好悪の感情や妬みやっかみだけで非難される恐ろしい社会です」

うーん、これを卓見と言わずして何といいましょうぞ。




becky-ototake


なるほど、彼らが(この二人だけじゃないけど)非難されていた劇場の名は、あの懐かしき「終わりの会」だったんだ。

いまテレビでやってるワイドショーにしてもツイッターなどでの非難合戦もすべては小学校の「終わりの会」なんだと気づく。

ちゃんと自分の頭で考えて非難していたわけでもされていたわけでもなかった。ただ「それがルールだから」という理由だけで非難合戦が行われていた。

なるほど、いまの日本は学校なのか。

そう考えるといろんなことのつじつまが合ってきて恐ろしくなってきたので今日はこのへんで。