もう何か仕事でへばってばかりでヘロヘロ状態ですが、こんなときこそブログでも書いてストレス発散しましょう。

今日は、これまでの40年以上の生涯で最高にうまかった料理の紹介です。


8262e170361ddf09dd4df2160730c5cf


え、おまえの生涯最高の飯ってこれ??? と笑われそうですが、本当にこれなんです。シチリアの州都パレルモで食べた「イカとセロリをオリーブオイルで炒めて塩コショウしただけの料理」。

これはもちろん前菜で、このあとにパスタが来て、魚料理が続いたんですが、この最初のイカとセロリが抜群にうまかったんですよ。

これにはいろいろと伏線があってですね、まず、ミラノの兄貴の家から一人飛行機でシチリアに行き、そのときはいまほどシチリア旅行がポピュラーじゃなかったから、兄貴は会社の人に「何でシチリアなんかに行きたいのか」とさんざん聞かれたそうです。「『ゴッドファーザー』で見た風景を見たいと本人は言っている」というと、「その筋の人なのか⁉」と本気で驚いた北イタリア人たち。何しろ彼らにとってローマより南はすべてアフリカなんだそうです。(ついでにいうと、ドイツ人にとってはアルプス山脈より南はすべてアフリカなんですって)

でですね、その日は一人でパレルモを観光してたんですが、東洋人そのものが珍しいのかジロジロ見られてばかりでした。でも、みんなとても親切でした。(ミラノでは「あっち行け、シッシ!」なんてやられたもんですがね)

しかしいくら周りが親切でも地球の反対側まで来て本当に帰れるんだろうか、と途方に暮れていたんですよ。何とかホテルは英語が通じたからよかったですが、そのホテルで地図をもらってレストランの場所を教えてもらったらアーラびっくり! ぜんぜん違うではないですか。

あっちへ行ったりこっちへ行ったり、ただでさえ腹が減ってるのに歩き疲れてやっとこさ辿り着いたらば、マフィアの準構成員みたいな顔をしたウェイター(シチリアではみんなそういう顔に見えるのです)が「ほんの少しだけ英語しゃべれる」というからお互い片言の英語でやり取りしたんです。

そこから二人でアーデモナイコーデモナイと、さんざん20分くらいしゃべくった末に「日替わり定食」を頼むことに成功しまして、そこからさらに15分くらい待って、やっとこさイカとセロリの前菜が運ばれてきたわけなんです。だから最高にうまくないわけがないんです!