クローズアップ現代プラスで2夜連続の「フェイクニュース」特集はなかなか見ごたえがありました。

トランプが自分に対する批判はすべてフェイクだと突っぱね、支持者はそれを信じてしまう。何が真実かを見極めることなく、信じたいことだけを信じる風潮に警鐘を鳴らすいい特集だと思いました。

日本でもフェイクニュースが罷り通っていて、昨年末にはDeNAがやっていたサイトが閉鎖に追い込まれたりしました。ウソを信じて善意でその情報を拡散してしまう人もいれば、ウソだろうと思いながらも「面白いから」という軽いノリで拡散してしまう人もいる、というのが昨日の内容でした。

ここで大いなる問題がありました。

面白そうだからリツイートした、リツイートしたかどうか憶えてない、という人の証言がただナレーションとして流されるだけなんですね。



profile_kodama-300x210


外国人が日本のドキュメンタリー番組を見て一様に驚くのが、インタビューする対象の顔を撮らない、あるいは撮ってもぼかしを入れたりして誰かわからないようにしていることだといいます。「あれでは番組スタッフがサクラとして喋っていても視聴者はわからないではないか。なぜそんなものが『ドキュメンタリー』として放送されているのか」と。

2004年のマイケル・ムーア監督『華氏911』もそんな映画でした。



o0800084113063755827


ブッシュが小学校の授業を視察に来ていたときに同時多発テロが起こったんですが、そのとき側近からその情報を受けたブッシュが、動かずに何もしなかったと映画は告発します。

でも、本当にその映像が9月11日のテロ発生時のものなのかどうか判然としませんし、ナレーションで「ブッシュは何もしなかった」と言われても見てるこちらは「ほんとにそうなの?」と思うばかり。

別の場面では、ブッシュ一家とオサマ・ビンラディンとのつながりを指摘して「テロはブッシュの自作自演だ」と主張していましたが、それもナレーションでの情報にすぎません。ちゃんと証拠を示してほしい。いくら政治的主張が正しくても、それだけではすぐれた映画とはなりません。 

昨日のクローズアップ現代では、広告収入ほしさにブログにウソを書いていた人をちゃんと顔を撮って映していました。後半はドキュメンタリーとしてちゃんと成立していましたが、惜しいのは前半に顔出しNGの人を出してしまったこと、そして「証言」をナレーションとして流してしまったことですね。

おそらく悪意はないのでしょうし、ウソでもないと思います。

でも、日本のドキュメンタリーの悪弊のために、習慣的に無意識的にしてしまったのでしょう。

しかし、いや、だからこそ、非常に危うい。
無意識的にやったことでも、「昨日のクローズアップ現代こそフェイクだ」との謗りは免れません。

フレデリック・ワイズマンのように顔出しできない人には最初からインタビューするべきでないと思います。