精神科医・春日武彦の名著『顔面考』はお読みになったことありますか?


P1000020-1


これから花粉症患者には厄介な季節が到来しますが、昔はマスクをしてるだけで電車の自分の両横だけ空席なんてことがありました。それぐらい「マスクをしてる奴は怪しい」と思われたのに、最近は「伊達マスク」なるものがあるというから時代は変わったものです。

目だけ見せて鼻から下を隠すとかわいく見えるとかで大流行しているみたいですが、自分の顔は隠して他人の顔は見れるって卑怯じゃないか! と最初は思ってたんですけどね、どうも違うな、と。

いまの職場でも伊達マスクなのか風邪なのかわからないけども、マスクをしている人がたくさんいて、めちゃ気持ち悪いんですよね。その気持ち悪さの正体は何なんだろうと考えていて、昨日やっと思い至りました。

『顔面考』には次のような記述というか、他の文献からの引用があります。めちゃくちゃ難しい文章のうえにうろ覚えなので(手元に本がない)正確ではない可能性がありますが、だいたい次のような意味です。

「顔というのは自分の鏡である。他人の顔を見たときその人がどういう表情をするかで自分がどう思われているか、つまり社会の中の自分像がわかる。つまり顔とはそれ自体がコミュニケーションツールなのである」

だから、風邪や花粉症でもないのにマスクで顔を隠している人は、他者とのコミュニケーションを自分から遮断しているわけですね。

なるほど、あのような少しもおしゃれでないファッションが流行しているのはそういうわけだったのか、だからあんなに気持ち悪かったのかとやっと腑に落ちました。いかにも現代ニッポン的。

整形疑惑なんて言葉があります。「誰それは整形している」というそれだけに特化したブログやツイッターアカウントを見たことありますが、整形って悪徳以外の何物でもないんですね。

でも、伊達マスクはそれ以上の悪徳だと思います。
そんなに他人とコミュニケーション取りたくなければ家の中から出なければいい。

それじゃ生きていけない?

それならちゃんと顔を見せて生きましょう。
社会の中で生きる以上、それがルールのはずです。


関連記事
食べログ、伊達マスク、高画質ホームムービー