ちょっと前に黒沢清監督の名著『映像のカリスマ』を読み返したんですが、あの本では「70年代アメリカ映画ベストテン」なるものが選ばれてるんですよね。

『ラスト・ラン』『超高層プロフェッショナル』『トラックダウン』などめちゃマニアックな10本が選ばれていました。

あれみたいなことしてみたいなぁ、と思い、でも同じ70年代だと面白くないので私が映画に夢中になった80年代としました。(正確にはほとんど90年代に差しかかる頃でしたが)

なぜ「アメリカ映画」に限定かというと、それは『映像のカリスマ』にも書いてあることですが、専門学校時代、校長である大会社の社長さんが「映画とはアメリカ映画のことだ」と力説していて、その説得力がすごかったので。

だから80年代アメリカ映画ベストテン。
『ブレードランナー』も『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も『ターミネーター』も『ロボコップ』も『ハンナとその姉妹』も『レイジング・ブル』も『ニューヨーク1997』も入らない「わが偏愛する10本」はこれだ!


第10位 『ユーズド・カー』(1980)
79178b3d

こないだWOWOWの発掘良品でやってたみたいですね。斎藤工はこういうのも好きなのか。雑食ですね。私もですが。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のビフと同じく、この映画のジャック・ウォーデンもトランプがモデルなんですかねぇ。髪型ほとんど同じ。
やりすぎテイストがたまらない、アメリカ映画らしい楽しさに満ち溢れた映画!


第9位 『スリル・オブ・ゲーム』(1987)
House of Games3

デビッド・マメットって劇作家としても脚本家としても評価高いですが、映画監督としてはあんまりですよね。少なくとも日本では。あまり公開されてないみたいだし。この映画も未公開だったかな。確かCSで見ました。
アメリカ映画らしいウィットに富んだどんでん返し!


第8位 『ボディ・ダブル』(1984)
83d3cea4

『めまい』と『裏窓』をブレンドするという発想が変。というか、ヒッチコックを偏愛している時点でもう変態ですね。私もですが。
アメリカ映画らしいアホな映画。ほんっとにアホな映画。
アホといってもデ・パルマですから一流のアホなんです。メル・ブルックスみたいな三流のアホとはわけが違う。
とにかく変な映画。変態が変態を描くとこんな妙ちきりんな映画ができあがるというお手本(?)のような映画。
『王様のレストラン』で千石さんが「何でも王様になるのはいいことです」といってましたが、デ・パルマはまさにアホの王様ですね。


第7位 『裸の銃(ガン)を持つ男』(1988)
3db3aa46

世界をバカにしまくった映画。笑いました。心の底から腹かかえて笑いました。涙が出すぎて喉が渇いたほどです。
アメリカ映画らしいバカバカしさに満ち溢れた映画。


第6位 『ジャグラー/ニューヨーク25時』(1980)
Night of the Juggler 6

これはあまり知られてないんですかね? めちゃ面白いのに。
特にこのダン・ヘダヤがショットガンぶっ放すシーンからの疾走感がたまりません。
実にアメリカ映画らしい堂々たるアクション映画!


第5位 『スクープ/悪意の不在』(1981)
d24d6adbf7abd3e971146cd305346e01

以前ツイートしましたが、シドニー・ポラックが過小評価されてるのは蓮實重彦とその一派のせいだと頑なに思っています。こんな面白い映画を作っているのに? 信じられない。
アメリカ映画らしい堂々たる正統派サスペンス!


第4位 『恋しくて』(1987)
6cf144ea

80年代は、イーストウッドでもスコセッシでもスピルバーグでもウディ・アレンでもなく、何よりジョン・ヒューズの時代だったんではないか。
メアリー・スチュアート・マスターソンにとっては本気のキスなのに、エリック・ストルツにとってはただの練習という…。
アメリカ映画らしい切なさに満ち溢れた映画。エンディングが最高! 


第3位 『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)
o0400022411851749549

何より監督の演技指導が絶品。特にこの場面。どう撮るかより、まずはどういう芝居をつけるか。脚本も無駄なセリフがひとつもなく、一級品かと。映画全体が豊穣ですね。
古典的ハリウッド映画の素養を身につけていないと作れない、映画を知り尽くしたアメリカ映画。(西ドイツとの合作ですけど)


第2位 『ダーティハリー4』(1983)
09

『ダーティハリー』の正当な続編は『2』ではなく、この『4』だと思っています。
やっぱりイーストウッドにはソンドラ・ロックがよく似合う。つーかソンドラ・ロックしか似合わんのだよ!
アメリカ映画らしいかっこよさに満ち溢れた映画。とにかくすべてがカッチョイイ!


第1位 『カリフォルニア・ドールズ』(1981) 
476376e8

真打ち登場!!! これだけは外せなかった。全映画史を見渡しても、これほどまでに面白い映画は5本とないでしょう。その日の気分では一番好きな映画に挙げてもいいと思ってますから。
アメリカ映画らしい図太さと厳しさに満ち溢れた映画。
もうこれっきゃない!


見返してみると、10本中7本が80年代前半なんですよね。そのうち4本が80年と81年の2年間に集中している。やはり私はその前の時代、70年代テイストが好きなのかも。

というわけで、70年代の3本を選ぶと、『ゴッドファーザー』『ダーティハリー』『悪魔のいけにえ』で決まり。
では、逆に90年代の3本となると、『グッドフェローズ』『スターシップ・トゥルーパーズ』『シリアル・ママ』あたりでしょうか。

80年代ワーストには、『ダイ・ハード』(1988)を選びます。 
あの映画の大ヒット&高評価のせいでアメリカ映画がダメになったとすら思っています。

こういうのは楽しいですね。また忘れたころにやりましょう。