ウディ・アレン先生の新作『教授のおかしな妄想殺人』はちょいとファンにとっちゃ残念な映画でしたが選曲のセンスは抜群でした。

何度も繰り返される旋律に「この曲、なんて曲?」と思った方も多いことでしょう。

かくいう私もその一人。

調べてみたら、ラムゼイ・ルイスという人がリーダーを務めるトリオの『ジ・イン・クラウド』というアルバムの一曲目、そのまんま「ジ・イン・クラウド」という曲なんですね。

偶然にも中古屋で激安値で売られていたため速攻買い。で、例によってヘビロテ状態。

すごいですよ。とりあえずは聴いてみてください。




私は普通のジャズとフュージョンの区別もつかない人間なので知りませんでしたが、これは「ジャズ・ロック」というジャンルなんだそうですね。

そのジャンルを極めたのがマイルスの『ビッチェズ・ブリュー』なんでしょうか? よくわかりません。

映画を見るときは映画史の流れを念頭に置いて見ますが、音楽は歴史とか関係なくただ聴くだけなので。ライナーノーツを読んでも「ふうん、そうなんだ」と思うだけですぐ忘れてしまいます。

しかし、このリズムとメロディは忘れることなどできません。

グラミー賞受賞というのにも大納得です。