2016年05月23日

イタリアカップやドイツカップの結果が出るなか、今日はスペイン国王杯。

リーガを制したバルサと、ELを制したセビージャ。どちらが勝っても2冠ですが、冷や汗ものでリーガ優勝を決めたバルサより、リバプールに逆転勝ちしてEL3連覇したセビージャに分があると思ってました。

実際、キックオフ直後はバルサに攻め込まれてましたけど、徐々に激しいプレスからボール奪取の場面が多くなってバルサに自由を与えてませんでしたよね。特にメッシを前半は完全に抑え込んでいた印象があります。イニエスタだけは全体を通して抑えられてませんでしたが。

37分にマスチェラーノが決定的チャンスを潰したということで一発退場。
しかも、あろうことか、エース、ルイス・スアレスが57分に怪我でラフィーニャと交代。

バルサにとっては痛すぎるほど痛い2つの事故で、こりゃもうセビージャの勝ちだろうとマドリディスタの私はワクワクしました。

ところが、セビージャの選手もそう思ってしまったらしく、それ以降、奪ってからの前への推進力がなくなってしまいました。スアレスもいないし相手は一人少ないし、そのうち先制点が決まって楽に勝てるだろう、みたいな緩い戦いぶり。

セビージャの敗因はそこに尽きると思います。

逆にバルサは緊急事態に加え、主審の判定がセビージャ寄りだと不満を募らせます。私の目には別にどちら寄りでもないと思いましたが、バルサの選手たちにはそう見えた。で、燃えたんですね。いくら主審がセビージャに贔屓してもスコアで上回ったら優勝だ! と。

バルサの勝因はそこでしょう。

結局、後半終了間際にバネガがこれまたネイマールの決定的チャンスを潰したとの判定で一発退場に。流れを引き寄せたバルサは延長前半に意地の一発で先制。浮足立ったセビージャもチャンスを何度か作りましたが、時すでに遅し。流れは完全にバルサでした。

最後は、メッシからの素晴らしいスルーパスからネイマールがさすがの一撃でジ・エンド。


MR_Score_getty12-560x373

マドリディスタの私ですら今日のバルサの勝利には熱い思いを禁じえませんでした。

やはり、サッカーは気持ちでやるものだな、と。勝ったと思ったら負け、負けるかもと思ってるほうが勝つ。

不思議なものです。不思議ですけど、当然といえば当然なのかも。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字