2016年02月20日

ここんところ山田太一さんの『早春スケッチブック』を見ることで、とてつもなくやりきれない思いを強いられているのですが、昨日の日記『早春スケッチブック』(慚愧の念に耐えられない)で書くの忘れてたことをつらつらと。

hqdefault

山崎努演じる「ありきたりが大嫌いな男」は、カメラマンで一時代を築いた人間で、初めて会う18歳の息子・鶴見辰吾に焚き火をしながらこんなことを言います。

「こうやって枯れ枝を見つけると、どの角度から撮るか、光の具合は、寄るか引くか、そんなことばかり考える。そして撮る。撮ってしまえばもう枯れ枝のことなんか忘れてる。次の獲物を探してる。いつの間にか、ひとつの物事をじっと見つめられない人間になっていることに気づく。人を、街を、花を、自分は少しも見つめていない」

これまた私のことです。

夢の実現のためにあくせくばかりしてしまって、周りの風景が目に入らない。きれいな花が咲いていても、そんなものに時間を奪われるのがいやでしょうがない。

山崎努のように「獲物」にしか興味がない。その獲物を表現してしまったらもう興味を失ってしまう。

そして、いつの間にか、自分にしか興味がない人間になってしまいました。

岩下志麻のあのセリフがまた脳裏に甦ります。

「お母さん、自分のしていることにうっとりする人、嫌いよ」

全否定されてしまいました。

吉田喜重監督の著作に、『自己否定の論理 想像力による変身』というのがありましたが、私がここから新たに飛翔するためには、これまでの自分を自分で全否定せねばならないのでしょう。

誰かにしてもらうのではなく、フィクションにしてもらうのでもなく、自分の手で。

それができれば…道は開けるでしょうか。


関連記事
『沿線地図』①まるで自画像のような


早春スケッチブック DVD-BOX
岩下志麻
フジテレビジョン
2005-06-01






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字