『王様のレストラン』大解剖シリーズ

①「ヒーロー」は千石さんではない!?
②ヒーローはオーナー禄郎である!

に続く第3弾です。

前回のラストで、『王様のレストラン』のヒーロー、つまり問題を解決する人物は、筒井道隆演じるオーナーの禄郎だと仮説を立てました。

が、その前に確認しておきたいことは、前回の最後で引用した「一流のレストランに必要なのは、シェフとギャルソン、そしてオーナーです」という千石さんのセリフです。

伝説のギャルソン千石さんはヒーローでない、そしてオーナー禄郎こそヒーローだと仮定するなら、なぜ「オマール海老のびっくりムース」を開発したシェフしずかはヒーローなのか否かという疑問が起こります。

神話とは「英雄の旅=ヒーローズ・ジャーニー」のことですが、このしずかもまたヒーローなんですね。

qdJU2

え? どういうこと?

この物語は群像劇だし、連続11回の物語なのでヒーローが各回に一人ずつ、全部でたくさんいるんです。

いや、ヒーローはたった一人のはずだから、それぞれはプチ・ヒーローでしょうか。

例えばわかりやすいのは、メートル梶原が元妻に「俺はディレクトール、総支配人なんだ」とウソを言ったためにウソの上塗りを重ねなければならなくなる、という第6話。
あのエピソードのヒーローは梶原その人でしょう。自分で問題を作っておいて自分で解決するなんてマッチポンプですけど、自分が作った問題以上の問題(本物のディレクトール範朝に用があって来た借金取りの出現)を解決してしまうのですから。

第7話では、まったく話のはずまない外交会議が描かれますが、これを解決したのは「一番この店の役に立ってない」と自分で思っていたバルマン政子でした。

寄り道をすると、この第7話がちょっと異色なんですよね。前々からこのエピソードだけ好きになれないと思っていて、その理由は「淀んだ空気を描こうとするあまりドラマ自体が淀んでいるから」と思っていたんですが、今回再見して本当の理由がわかりました。
政子は「早く食べなさいってフランス語でどういうの?」と千石さんに聞き、教えられた言葉をフランス人たちに言って問題を解決するんですが、実はその言葉の本当の意味は「坊や、お口動いてまちぇんよ」と母親が赤ん坊に言う言葉だと最後に明かされます。

つまり、第7話で問題を解決するのは政子でも、後ろで糸を引いているのは千石さんなんですね。ここが他のエピソードと違うところです。どう違うかは後述します。

さて、シェフしずかは彼ら各回のプチ・ヒーローとはちょっと違います。

smile

昨日放送された第8話は非常に印象深いラストシーンがたまらないんですが、彼女の旅は「一流の自覚がなかったシェフがその自覚をもち、最高のシェフになるまで」となるでしょう。

もし、「最高のシェフは恋をしているシェフ」というミッシェル・サラゲッタ氏の言葉が正しいなら、第8話においてしずかは最高のシェフになりました。

彼女に一流の自覚を促したのも、最高のシェフに押し上げたのも他ならぬ千石さんです。ならば千石さんがやはりヒーローでは?

いやいや、それは違います。千石さんはしずかのヒーローズ・ジャーニーにおいて、例えば『スターウォーズ』におけるルーク・スカイウォーカーに対するオビワン・ケノービの役どころです。ヒーローを手助けする助言者ですね。

一流への旅に出ることに臆病だったしずかを強引に旅へ出してやるのは千石さんです。第2話で無理やり作ったことのない料理を作らせ、「あなたはコンダクターになる」と命令とも予言とも取れる発言でしずかをその気にさせる千石さんは完璧な助言者です。

そして、しずかはオマール海老のびっくりムースという独創的な料理を作り、店への客足はかつて先代オーナーシェフが存命だったころの勢いを取り戻します。

そして、千石さんへの恋心を募らせた挙句、パリでも五本の指に入るという超一流レストランからの誘いを蹴ることで、逆に最高のシェフへと変容する。

じゃあ、しずかがヒーローじゃないか。オーナー禄郎はしずかの旅に何も関わっていないどころか、最初からしずかのことが嫌いだったぞ。店に引き留めようと画策はしてたけど。

確かにその通りですが、やっぱり、しずかはこの連続ドラマの「本当のヒーロー」ではないのです。

なぜなら、しずかの英雄としての旅はこの第8話で終わってしまうからです。全11話を通してのヒーローではない。彼女もまた梶原や政子と同じプチ・ヒーローだったのです。

では、なぜオーナー禄郎こそが全11話を通したヒーローと言えるのか。

それは千石さんの役割とは何かを考えればおのずと答えが出ます。

続き
④ディレクトール範朝から千石さんへと至る道
⑤アンチヒーロー千石武
⑥最低だが素晴らしい!
番外編 オーディオコメンタリーが面白い!