2016年01月18日

前節、新米監督のジダン率いるレアル・マドリードは、嫌われ者ベニテスがいなくなったことにより気分よくプレーできて5-0の圧勝。今日のヒホン戦はどうなるかと思ってましたが、結果は5-1のまたしても圧勝でしたが、前半がジダン新監督のいい面、後半は悪い面が出てしまってました。

GettyImages-505363134-500x343

12分までに自慢のBBCトリオが得点して3-0、さらに18分で4-0、前半だけで5-0。ここまではサイコーでした。
解説の北澤が言ってたように、サイドバックがトップの位置まで上がってほとんど5トップ。さらにベニテス時代はサイドに散らしてセンタリングという芸のない攻撃ばかりでしたが、前節から中央への鋭い縦パスが何本も入るようになりました。ボールをもってない選手が動いているからでしょうね。常にパス&ゴーでワンツーで抜けるシーンも多かったし、見ていてとても楽しかったです。前半は。(画像を見てもらえばわかるようにチーム一丸となってます)

しかし前半の終わりにベイルが負傷。ベンゼマも怪我で交代すると、途端に攻撃力が落ちちゃった。ベイルに代えてヘセ、イスコに代えてハメス、ベンゼマに代えてコバチッチというのはぜんぜん悪い選択とは思いませんが、もひとつ何をやりたいのか、何をやらせたいのかよくわからないサッカーになってしまってました。

それと、前半から思ってたことですが、ペペとバランの位置が高すぎるんじゃないですかね? たぶん、クロースの両脇が弱点といわれていたのを補うために、インサイドハーフに絞らせるだけじゃなくて、センターバックにもカバーさせるという狙いなんでしょうが、ちょっと前に出すぎで、ヒホンの鋭いカウンターでヒヤリとする場面が何度かありました。

だからクロース一人をアンカーにしないで、モドリッチとのダブルボランチにしてほしいのに。

とはいえ、今日はクロースとモドリッチ、そしてイスコの中盤が素晴らしかったですね。得点を決めた前線の3人ばかりがクローズアップされてますが、私は彼らハーフ3人のおかげで大量得点を取れたと思ってます。
私はイスコよりハメス派ですが、今日のハメスは気負ってばかりでよくなかった。代わりにイスコが攻守、特に守備での貢献が大きかったと思います。次節のスタメンもイスコでしょう。

しかし、ベイルの怪我は心配ですね。どうも筋肉系の負傷らしく、もしかすると長引くかも。このところ連続でゴールを決めて絶好調だっただけに残念。ベンゼマはたぶん軽傷で次節は大丈夫だと思うんですが、ベイルが使えないとなると、さて、ジダン新監督はどうするか。ヘセ? ルカス・バスケス? それともハメスを最初から使って4-4-2にするのか。

それと、FIFAだったかUEFAだったかからの処分で2回連続で補強禁止とかで、異議申し立てするらしいですが、認められなかったら現有戦力だけで来シーズンいっぱい戦わないといけないわけで、新監督ジダンにいきなりの試練が…。

何とか乗り越えて。頑張って、ジダン。応援してます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字