「~~だっていいじゃないか、人間だもの」などの独特の文字で書かれた詩で有名な相田みつを。

wkHebOdqW7hoXlH_5915

私はかねてからこの相田みつをの詩が大嫌いでして。何だか思い出しただけ恥ずかしくなるのです。

なぜ嫌いかというと、前は、

「最後に『人間だもの』をつければすべて許されてると思っている」
「それを究極まで推し進めれば、『人を殺したっていいじゃないか、人間だもの』みたいなことも言えてしまう」

とかって思ってたんです。

いや、いまも実際思ってるんですが、昨日ぜんぜん違う、もっと本質的なことに思い当たりましてね。

仕事中にふと「俺って言葉を信じてないなぁ」と思ったんですよ。なぜか急にふっと。

ずっと前、「あなたは言葉を生業にしているんだから言葉の力を強く信じているはず」みたいなこと言われたことあるんですが、そのときの違和感の正体がわかりました。

私は言葉の力など信じておりません。

いくら千言万言尽くそうとも、本当に大事なことは言葉じゃ言えんのです。言葉に力があれば言えちゃうはずでしょう?

だから私は言葉の力など信じていないのです。だから平気で心にもないことを言うし、大言壮語して周囲を混乱させることなど日常茶飯事です。

でも、おそらく相田みつをという人は言葉の力を信じているのですね。でなければ「つまづいたっていいじゃないか、人間だもの」みたいな言葉を本気で唱えられないと思うのですよ。

でも、「つまづいたっていいじゃないか、人間だもの」はたぶんウソです。間違ってるとは言いません。正しいんでしょうが、おそらく相田みつをは心の底からそう信じて唱えていたとは思えない。

無意識のウソ。これが一番たちが悪い。

ウソをつくなら意識的につこう、というのが私のスタンス。無自覚なウソとは無縁でありたいと常に思っています。

続き
新・相田みつをが嫌いな理由(あれは「似非作品」なり!)