内田樹先生の『私家版・ユダヤ文化論』を久しぶりに読み返しました。

41awfMvcbbL__SX304_BO1,204,203,200_

もっと読みやすい本だった印象があるんですが、ものすごくわかりにくい。他の内田先生の本がわかりやすいのでこれも読みやすくてわかりやすいという記憶が捏造されていたようです。

このあまりに独創的なユダヤ文化論は、内田先生によると「ユダヤ人が読んでもわかるように書いたから日本人が読んでもわかりにくいだろう」ということらしく、うん、やっぱりわかりにくい。というか読みにくい。

そういうことはほとんどどうでもいいことなんですが、この本の最大の肝は、

「反ユダヤ主義者は、実はユダヤ人をどうしようもなく愛している」

というところなんですよね。

ここで内田先生は、フロイトの「まちがい」を指摘してそこを迂回することにより、「反ユダヤ主義者はユダヤ人を愛しているがゆえに、その愛を高めようとしてユダヤ人を憎むのだ」という驚愕の結論に導いていきます。

そこらへんのアクロバティックな論理の飛躍については、実際にこの本を読んで体験してみてください。ユダヤ人にとって時間は未来から過去へ流れているとか、目から鱗の論考がびっしりです。

さて、問題の「愛しているがゆえに憎しみが要請される」という精神分析にはどうにも身につまされるんですよね。

私は昔から「プライドが高い」と言われ、一方で「劣等感が強い」と言われてきました。

その二つって相反するものなのにどうして?と思ってたんです。でも、周りにもプライドが高いがゆえに劣等感が強い人がたくさんいる。というか、プライドが高い人はほぼ100%劣等感に苛まれている。

この『私家版・ユダヤ文化論』を読んで腑に落ちました。

自己を愛する気持ちが強いために、その愛を高めようと、愛と葛藤する憎しみが要請されるんですね。自己愛が激しいからこそ自己憎悪も激しくなる。

じゃあどうすればいいのかというと、自己愛を高めるための自己憎悪をやめる、あるいは、その量を少なくすることが必要かと思われますが、それって「自分を好きになること」で、結局、自己愛がさらに高まるだけでは?

いや、「自己愛」と「自分が好き」というのは違うんでしょうか。

うーん、「わかった!」と思ったら、ますますわからなくなってきました。とりあえず日向ぼっこでもしましょう。