ノンフィクションW『ゆきゆきて、原一男 ~反骨のドキュメンタリスト70歳の闘争~』を見ました。

20150804-harakazuo_v

何といっても原一男監督といえば『ゆきゆきて、神軍』にとどめを刺すといっても過言ではないくらい、あのどぎつい傑作が代名詞ともなっています。

その原監督が、10年くらい前だったか、フィクションを1本撮っているんですが、本職のドキュメンタリーは94年の『全身小説家』以来、もう20年以上も発表してないんですね。してないというか、上の画像にあるように、いくつもの企画を並行して自分で撮影を行い、録音もしているようですが、完成もしてないし発表もできてない。

とはいえ、今年だったか来年だったか新作が公開されるらしく、それはまことに慶賀だと万歳してしまったんですが、この番組で満足したのはその情報だけで、被写体に肉薄する原一男監督を追ったにしてはどうにも煮え切らない作品でした。

だって、ディレクターさんが完全に及び腰なんですもの。

時折、質問する声がマイクに拾われてましたが、ものすごく遠慮気味で、原監督が答えると「あ、そうですか」みたいなリアクションで、ぜんぜん突っ込んでくれません。

プロデューサーでもある奥さんとはよく映画を見に行くらしく(『呪怨』とか見るんですね。へぇ~)その様子を撮ってくれたのはうれしいんですが、奥さんは足に障碍があり、プライベートを撮らせてほしいとお願いしても許可してくれなかったとナレーションが入るのみ。

そこらへんのせめぎあいをもう少し活写してほしいんですけどね。原監督にしても、かなりきわどい、普通なら人が撮られるのを嫌がること/ものにカメラを向けてきた人なわけだし、なぜ拒むのかな、と。

もしかしたら、ドキュメンタリーを撮りたいのになかなか撮れないのは自らの不寛容が原因なのでは? と思ってしまいました。

だって、自分は撮るけど、人が自分を撮るのは許さない、なんてねぇ…。

『全身小説家』も久しぶりに見たかったけど、他の番組を録るために断念。再放送はあるかしら。つーか『ゆきゆきて、神軍』をこそ放送してほしいんですけどね。無理なのかな。